アーカイブ配信の利用方法を解説

録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2021年07月26日
選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミングでチェックする方法がある。PC/スマートフォン向けのアーカイブ配信だ。

今回のオリンピックでは、NHK、民放ともに、地上波でテレビ放送するものはネット配信でも同時に生中継。そして、それらはアーカイブ配信も行われる。NHKで放送された競技はNHKプラスで、民放で放送された競技はTVerで視聴できる。なお、TVerはgorin.jpと連携してオリンピック配信を行っているので、gorin.jpでも同様に各競技の模様をチェックできる。

TVerはgorin.jpが連携してオリンピックの動画を配信

ただし、NHKプラスでのアーカイブ配信視聴(および追いかけ再生)には、ID登録が必要。NHKプラスへのID登録は、地上波での受信契約が済んでいるかどうかの確認という意味があり、受信契約済みであればNHKプラスの利用に追加費用はかからない。

一方、NHKやTVer(gorin.jp)のオリンピック特集ページでは、テレビ放映されない競技のネット配信も実施中で、アーカイブ配信も行われている。フル尺でのアーカイブ配信のほか、ハイライト配信も行われているので、ポイントだけをチェックしたい場合にも活用できる。

なお、テレビ放映されない競技の配信は、テレビ放映とは違い、日本語の実況・解説なしで会場音声のみ、または英語実況という形式がメイン。SNSで話題になったスケートボード瀬尻稜さんの解説を聞きたい場合は、NHKプラスに登録してアーカイブ視聴するか、NHKのオリンピック特集ページに公開されているハイライト動画「SNSで話題沸騰!若者言葉で名解説」をチェックしてみよう。

NHKは総合テレビとEテレ、さらにはサブチャンネルも使っており、また、NHKも民放もBS4Kでの高画質放送も行うなど、すべてをフォローするのは物理的に難しいオリンピック/パラリンピック。テレビ局公式のネット配信もうまく活用しながら楽しんでみてはいかがだろうか。

関連記事