リッピングからネットワーク機能まで"全部乗せ"の機器を賢く利用

手持ちのシステムを活かしてPCオーディオをスムーズに始めるには?

山之内正
2010年05月27日
手持ちのシステムを活かしてPCオーディオをスムーズに始めるには?

時間をかけて選んだアンプやスピーカーには誰しもこだわりがあるものだ。組み合わせの相性やデザインまで気を配って購入したコンポーネントは、できるだけ長く手元に置いて使い続けたいし、それなりの愛着もある。

その一方で、いま話題のPC&ネットワークオーディオにも興味があり、パソコン音源のなかにもオーディオ装置で聴いてみたいものが増えてきた。手持ちのシステムを活かし、新しいソースをスムーズに導入するにはどうすればいいのだろうか。最近登場し始めた新カテゴリーの機器を例にとり、導入方法を具体的に検討してみよう。

新しい音源を手持ちのオーディオ装置で楽しむためには、アナログのラインケーブルでアンプに接続できる機器を選ぶことが前提だ。大半のオーディオアンプには光や同軸などのデジタル入力が付いていないし、もちろんUSB入力もない。パソコンをそのままつなぐ場合は、パソコン側でアナログ信号に変換する必要があるが、その方法ではノイズなどの影響で音質が劣化し、オーディオ装置につなぐメリットがなくなってしまう。

リッピングから再生まで、CDプレーヤー感覚で使える
ネットワークミュージックサーバーが登場

そこでお薦めしたいのが、CDプレーヤーと同じようにアナログ出力を持つオーディオグレードのデジタル機器だ。それさえ用意すれば、音質と使い勝手を両立させることができ、CD以上に使い勝手の良い環境が手に入る。具体的には、パソコンと同じようにCDの音楽データをHDDに取り込んで大量に保存し、好きな曲を瞬時に探し出して再生できる装置だ。
 
少し前まではパソコンを使わずにCDデータを高音質でハードディスクに取り込む方法はほとんどなかったのだが、最近、一台でその機能をすべて実現する「ミュージックサーバー」が登場し、状況が変わってきた。CDと同等かそれ以上の音質を確保できる新ジャンルのマルチメディアプレーヤーとして、ミュージックサーバーが注目を集めているのだ。


CDの音楽データをまとめてHDDに保存し、自動的に取得したアルバムデータから瞬時に聴きたい曲を検索するという環境は、カーオーディオとパソコンではすでにおなじみの操作性だ。使い慣れると、音楽を自在に楽しむシステムとしてこれほど使いやすいものはない。そして、これからは同じことがピュアオーディオのシステムでも利用できるようになる。


Olive 4HD
この分野の先駆けとして登場したOlive 4HDは、シリコンバレーの音楽好きエンジニアが創設したOlive社の自信作で、CDプレーヤー、2TBの大容量HDD、インターネットラジオなどの機能を統合したデジタル・ミュージックサーバーの代表モデルだ。傾斜したフロントパネルの左側にはタッチパネル式ディスプレイをそなえ、直感的な操作ができる点もオーディオ機器としては新しいフィーチャーだ。イーサネット端子を搭載しており、インターネットに接続することで本機の機能をフルに使いこなすことができる。

再生中のCDを内蔵HDDに保存したい場合は、シンプルに「REC」ボタンを押すだけで、インターネットから自動的に取得したアルバム情報とともにデータを記録してくれる。保存形式は非圧縮またはロスレスのFLACなど、音質劣化のないフォーマットを選ぶのが基本。内蔵HDDの容量に余裕があるので、あえてデータのサイズを圧縮する必要がないのだ。ちなみにCDのデータと同じサイズで記録してもCD約3300枚、データサイズがほぼ半分になるFLACでも約5800枚分を保存できる。これだけあれば手持ちのCDが全部入ってしまうという人も多いのではないだろうか。

HDDに保存したデータは、アーティスト名やジャンルから自由自在に検索できるので、CDを棚から探すよりもずっと速く、聴きたい曲にアクセス可能だ。本体での操作に加え、iPod touchやiPhoneなら手元でリストを見ながら選曲でき、便利この上ない。この操作感を一度体験すると、普通のリモコンを使うのがまどろっこしく感じるはずだ。

Olive 4HDは筐体の作りやパーツに徹底してこだわっており、HDDの遮音や本体のファンレス設計も実現している。CDをそのまま再生するよりも、いったんHDDに取り込んだデータを再生する方が音が良いのは、そこに理由がある。その半面、ハイエンドオーディオのこだわりを導入することで高音質を実現しているため、価格はけっして安くはない。グレードの高いオーディオ装置をすでに所有している音楽ファンにお薦めしたい製品だ。

もっと手軽な製品を探している人は、もう少しだけ待っていて欲しい。Olive 4HDと同様な使い勝手を実現するミュージックサーバーは、今後国内外のブランドから幅広い価格レンジの製品が登場する。手持ちのシステムに手軽に組み込むには最適で、感覚としてはCDプレーヤーをもう一台つなぐのと変わらない。CDプレーヤーの機能も搭載しているから、手持ちのCDプレーヤーの代わりに導入するという選択肢もありだ。

コレ1台あればOKな
「ネットワークミュージックサーバー」をまず購入するのも手

これからオーディオシステムを充実させたいという場合は、最初にミュージックサーバーを購入し、オーディオコンポーネントを順番に揃えていくという方法もある。サーバー以外に用意する機材は基本的にアンプとスピーカーだけでよく、既存のコンポーネントのなかから好みに合った製品を自由に選ぶことができる。ミュージックサーバーのなかには通常の半分以下のコンパクトな製品もあるので、サイズやデザインの制約も少ない。部屋の環境に合わせて自由にコーディネートできる点は、既存のオーディオにはない大きなメリットの一つだ。




山之内 正 プロフィール
神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。

関連記事