HOME > レビュー > 【ミニレビュー】LAN端子に挿入して音質向上、iFi audio「LAN iSilencer」

<連載>オーディオアクセサリーひとくちレビュー

【ミニレビュー】LAN端子に挿入して音質向上、iFi audio「LAN iSilencer」

2024/01/29 園田洋世
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
今年から新たにスタートした「オーディオアクセサリーひとくちレビュー」。今話題のアクセサリーを毎週1つピックアップして、音質改善のポイントをコンパクトにご紹介。4回目は、高コスパのデジタルオーディオ製品でお馴染みのイギリス・iFi audioから、プレーヤーやハブなどの空き端子に挿入する「LAN iSilencer」をチェック!

iFi audio LANアイソレーター「LAN iSilencer」(15,950円/1個/税込) ※2個バンドルセットで30,250円、3個セットで44,500円、5個セットで72,600円(それぞれ干渉防止用LANアダプタが付属)

音色と質感情報が加わり実在感が大幅アップ



iFi audioの「LAN iSilencer」はネットワークからのノイズを除去するアクセサリーである。まずWi-Fi中継機からBLUESOUNDのネットワークトランスポート「NODE 2i」へと繋ぐLANケーブルの先端に装着して竹内まりやの「マンハッタン・キス」を聴くと、ヴォーカル音像が立体的に浮き上がる。ベースがタイトになる。

NODE 2iのネットワーク端子に挿入して使用

次、キャロル・キングの「So Far Away」。これは素晴らしい。ギターもピアノも音色・質感情報が増えたのだろう、濃くきめ細かになり実在感が大幅アップ。各楽音の周囲からノイズが消えるのも加わって楽音間の分離鮮やか。しかも聴き疲れしない。

Anette Askvikの「Liberty」はヴォーカルもチェロの独奏も音像が引き締まり密度を増した。

無線ルーターの空き端子にも挿してみると、ノイズフロアがさらに下がった。価格対性能比がきわめて高いアクセサリーである。

空き端子を埋めるように使用するのも効果的


園田洋世(そのだようせい)
1974年生まれ。海城高校、慶應義塾大学卒業。オーディオ専門店のスタッフを長年務めたのちに、2023年より執筆活動を開始。特にオーディオアクセサリーに造詣が深い。究極の音楽再生を目指し自宅システムで日々実験を重ねている。2023年より「オーディオアクセサリー銘機賞」の審査員に就任している。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE