HOME > レビュー > マランツの最強プレーヤー「SACD 30n」、ベストセラーの理由を探る!

【オーディオ銘機賞2022】ベストセラー賞受賞

マランツの最強プレーヤー「SACD 30n」、ベストセラーの理由を探る!

2021/11/22 山之内 正/井上千岳/生形三郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

【ディスク再生のサウンドをチェック】(井上)

■S/Nと解像度を磨き上げた結果は品位の高さが端的に物語っている

SACD/CD再生では、高度に研ぎ澄まされたS/Nをベースとして、暴れがなく端正そのものの再現が展開されている。トランジェントが細部まで至って緻密で崩れや取り落としがなく、それが精密な再現性の方向性を決定しているようだ。このため出方が極めてきめ細かく、エッジがほつれたり乱れたりすることがない。低歪み高精細の見本と言ってもよさそうな音調である。

バロックは小編成の響きが小気味よくまとまって、瑞々しく端然としたアンサンブルができ上がる。揺るぎなく安定した姿が美しい。

ピアノは濁りや歪みっぽさのないタッチが本当に透明で、しかも低音部の張りと高域の輝かしさが効いて表現がどこも明るい。フォルテでも全く荒れた響きや刺を出さないのは本機の特質と言っていいが、それが和音の強力な把握にも弱音の深い表情にも明晰な輪郭を与えているようだ。

コーラスは澄んだハーモニーが柔らかく、静かな背景にしみこんでゆく様子がことのほか緻密に描かれる。空間と一体になったような余韻の豊かさがにじむことなく、一音一音がくっきりとしてまた潤いに富んでいる。

オーケストラは伸びやかな金管楽器と艶やかな弦楽器がたっぷりとした余裕で鳴っているが、クレッシェンドがピークに達したフォルテの強奏の中でもホールの高さや奥行きが整然としているのが新鮮だ。やみくもな大音量ではなく、細かな情報を緻密に維持する正確さの現れである。隅々まで丹念にS/Nと解像度を磨き上げた結果に違いなく、品位の高さを端的に物語っているように感じる。

【ネットワーク再生のサウンドをチェック】(生形)

■自然であり流麗で悦楽的、音楽を楽しませる能力が極めて高い

現代の多様なリスニングスタイルをカバーできる機能性や、様々なコンポとの組み合わせやすさまでも考慮した音質性能、そして、スタイリッシュなデザインが魅力のSACD 30n。しかしながら、その本領は、マランツ史上最高音質を謳うネットワーク再生音質にあるといっても過言ではないだろう。

ディスク再生の音質と同等のクオリティを確保するために、ネットワーク系再生専用のプレミアム・クロック・リジェネレーターを搭載。これによって、ディスク再生、ネットワーク系再生を問わず、それぞれでの高い再生能力が確保されている。

機能面では、そもそもHEOSは、Spotifyは勿論、ロスレス・ストリーミングサービスとして十分な洋楽/邦楽ラインアップを誇るAmazon Music HDに対応する数少ない再生ソリューションであることに加え、ネットワークやUSB-A入力、Wi-FiならびにAirPlay 2、そして、Bluetooth接続への対応など、SACD対応ディスク再生機能と併せて、まさに全方位に対応する抜かりない仕様を備えていることも本機の注目ポイントだ。

そのサウンドを検証してみると、とりわけネットワーク系再生時の音質のナチュラルさに感激させられる。各種レンジ感の広さに加えてS/N感など、高いオーディオ・クオリティを確保するのは勿論のこと、マランツならではの流麗で悦楽的サウンドが実現されており、音楽を楽しませる能力が極めて高いのである。これはまさに、訴求力の高い筐体デザインにもリンクする内容で、製品としての総合的な完成度の高さを物語っている。


Specification

●再生周波数特性:2Hz〜50kHz -3dB(SACD)、2Hz〜20kHz ±1dB(CD)●SN比:112dB(SACD)、104dB(CD)●ダイナミックレンジ:109dB(SACD)、98dB(CD)●高調波歪率:0.0008%(SACD)、0.0015%(CD)●出力端子:RCA(FIXED)×1、RCA(VARIABLE)×1、同軸デジタル×1、光デジタル×1、ヘッドホン×1●入力端子:同軸デジタル×1、光デジタル×2、USB-A×1、USB-B×1、Bluetooth/Wi-Fiアンテナ×2、フラッシャー×1●その他入出力:ネットワーク×1、RS-232C×1、マランツリモートバス(RC-5)入出力×1●消費電力(待機時):48W(0.4W)●サイズ:443W×130H×424Dmm(ロッドアンテナを寝かせた場合)●質量:13.7kg●取り扱い:(株)ディーアンドエムホールディングス


リア部は、入力端子に光デジタル、Bluetooth / Wi-Fiアンテナがそれぞれ2系統、同軸デジタル、USB-A、USB-B、LAN、フラッシャーをそれぞれ1系統、出力端子にRCA2系統、その他マランツリモートバス(RC-5)入出力を1系統装備する。またRCA出力は、通常の音量固定と本機から音声信号の音量を調節できる出力を用意している


本体の内部。アルミ製ショートリングに珪素鋼板シールドを加えた大容量トロイダル型電源トランスに加えて、エルナー社と共同開発した大容量 3,900μFのカスタム・ブロックコンデンサーを採用するなど、専用開発や新規採用パーツを出し惜しみなく採用している

本記事は季刊Audio Accessory vol.183からの転載です。本誌の詳細および購入はこちらから

前へ 1 2

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE