ファーストインプレッション

アップル「iPhone 13」シリーズ全モデル速攻ハンズオン!AV機能の進化もチェック

  • Twitter
  • FaceBook
山本敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2021年09月21日
アップルがiPhone 13シリーズを9月24日に発売する。今年も昨年同様に4機種を展開し、フラグシップの6.7インチ「iPhone 13 Pro Max」と6.1インチ「iPhone 13 Pro」、ハイエンドの6.1インチ「iPhone 13」、5.4インチ「iPhone 13 mini」の4製品をラインナップする。ファーストインプレッションをレポートしよう。

2021年の新しいiPhone 13シリーズの実機をレポートしよう

ノッチは小型化。カメラはやや大きくなった

4機種ともに、昨年のiPhone 12シリーズから採用されたフラットエッジデザインを踏襲した。Proシリーズは背面をマットガラスで仕上げ、側面に光沢感の強い医療グレードのステンレススチールをあしらっている。耐久性が高く、腐食にも強い素材だ。

左が6.7インチのiPhone 13 Pro Max、右が6.1インチのiPhone 13 Pro

13/13 miniは側面がマット仕上げのアルミニウムで、背面は光沢ガラス。今回テストしたProシリーズのシルバーは、昨年のモデルからカラーリングが大きく変わっていないようだが、13/13 miniのブルーについては、少し白を混ぜた明るいパステル調の色合いになった。

左が6.1インチのiPhone 13、右が5.4インチのiPhone 13 mini

フロントのSuper Retina XDRディスプレイは、4機種ともにサイズ変更なし。だがFace ID対応TrueDepthカメラシステムを載せたノッチ(切り欠き)が、iPhone 12シリーズ比で約20%コンパクトになった。これは、見てすぐわかるほどの変化だ。

SNS等では、このノッチがなくならなかったことが残念という声もあるようだ。筆者としては、映像に孔が空いているように見えてしまうパンチホールは好みではないし、凹型のノッチがiPhoneであることのシンボルであるようにも感じているので、これで良かったと感じている。

左側がiPhone 13 Pro Max、右はiPhone 12 Pro Max。TrueDepthカメラを搭載するノッチのサイズが20%コンパクトになった

また一方では、画面ロック解除/購入時の認証/Appへのサインインなどが行える生体認証システムが、Face IDだけであることへの不満も聞こえる。コロナ禍が続くなか、顔にマスクを着けたままiPhoneの画面ロック解除を行う手段は、Apple Watchを使う方法以外にも複数あった方が良いと筆者も思う。

なお、同時発表された8.3インチのオールスクリーンデザインに生まれ変わった「iPad mini」には、トップボタンにTouch IDが新設され、指紋認証による画面ロック解除に対応した。同じ仕組みをiPhoneに導入することが困難なのか、あるいは画面埋め込み型のTouch IDへの進化をアップルはいま模索している途中なのか。結論は次期以降のモデルに持ち越された。

背面から見た印象も、マルチカメラユニットが大きくなったことで少し変わった。レンズの口径がわずかながら大きくなっている。加えてカメラユニットの厚みが増したことで、iPhoneを平らなデスクの上に置くと、本体が少し斜めに傾いてしまうようだ。

右はiPhone 12 Pro Max。左側iPhone 13 Pro Maxはカメラユニットのサイズが少し大きくなっている

公式スペックを見ると、iPhone 13シリーズの4機種とも、iPhone本体の厚さが昨年から0.25ミリ厚くなっている。そのため、アップル純正の本体ケースはiPhone 12シリーズと互換性がなく、新たにiPhone 13シリーズ用のアクセサリーを用意する必要がある。

ディスプレイをチェック。どこが進化した?

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事