「オーディオアクセサリー銘機賞2017」金賞

オーディオリプラス “壁コンセント周り” のアクセサリー群を一斉試聴

鈴木 裕
2016年11月21日
オーディオリプラス社は10年以上も前に、分厚い合金削り出しのコンセントプレート「CPP-2SZ/HG」を世に出し驚かせたが、いまも同製品がロングセラーとなっている。そのCPP-2SZ/HGが、この度「オーディオアクセサリー銘機賞2017」の電源パーツ部門「金賞」を受賞した。

この製品を含め、同社の“壁コンセント周り”の製品群を試聴したレポートをお届けしよう。

「CPP-2SZ/HG」¥76,000(税抜)

CPP-2SZ/HGは「オーディオアクセサリー銘機賞2017」電源パーツ部門 金賞 を受賞した


試聴したオーディオリプラスの“壁コンセント周り”製品

接点ノイズに効果。ルテニウムメッキ・コンセント

オーディオリプラスの基本的な考え方は原音再生である。振動、電源環境の高周波のノイズ、電磁波の影響といったものを取り除くことによって元のソフトそのものの音を聴こうという考え方だ。今回は電源関係の製品をテストしたが、結果として、本誌試聴室のある都会の電源環境の汚染度の高さや、空中を飛び交う電磁波の悪影響の深刻さを痛感させられた。


壁コンセント「RWC-2RU」¥38,000(税抜)
まず、ルテニウムメッキの壁コンセント「RWC-2RU」をテストした。これは明工社のホスピタルグレードのコンセント「ME2851」をベースにしたもので、導通部の金属にルテニウニムメッキを施し、さらにシグネチャーナノクライオ処理を施してある。また、プラグのブレードとの接点を高めるために二重バネ構造も採用し、実際に挿し始めから終りまで一定のトルクで確実にホールドされる挿し心地を持ったコンセントだ。

その実力を正確に把握するため3段階のテストを行った。まず、ベースモデルの「ME2851」自体。続いて導通部にルテニウムメッキを施したもの。そしてそこにシグネチャーナノクライオ処理を施し、「RWC-2RU」として市販されているそのものの比較試聴だ。

【壁コンセントの聴き比べ】壁コンセントRWC-2RUの実力を知るために、明工社のベースモデルと、それにルテニウムメッキを施したもの、そしてRWC-2RUの3つを、写真のような特製電源タップに組み入れて聴き比べした。順に聴くと、RWC-2RUの低域表現、立体表現の素晴らしさが際立つ結果に
 
ベースモデルでは、どんよりした音が狭い音場に漠然と漂う。評価の高いコンセントだが、劣悪な電源環境のもとではさすがに辛いものがある。次にルテニウムのメッキをした状態では凝り固まった音像がほぐれだし、音ひとつひとつがきちんとした形に。音色も正常化した。

ルテニウムには異種金属に一体感をもたらす働きがあるという。つまり、挿入するプラグの素材を問わず接点ノイズを最小に抑えられるというわけだが、この段階でもその効果は大きい。

そして製品版コンセント「RWC-2RU」では音の重心が下がり、立体的な音場空間が出現。声のリアリティや、音楽の愉悦をもたらす力が、実に素晴らしい。誰がどう聴いても、この効果は納得できるはず。ちなみにこのルテニウムのコンセントは本誌試聴室のリファレンスなのだ。以前にテストで聴いて、どうしても返却できなかったらしい。分かる。

壁コンセントプレート3種、その作動原理と絶大なる効果

続いて、3種類の壁コンセントカバー(コンセントプレート)をテストした。厚みも違うが、素材自体が違う3機種だ。ただし、いずれの金属もウルトラSZ物性処理、いわゆる極低温処理(クライオ)や電磁界処理をしてある。

コンセントプレート「CPP-2SZ/S」¥24,800(税抜)
 
まず「CPP-2SZ/S」は15mm厚のアルミ合金製で、主に高周波の電磁波ノイズをカット。これを使う前の、標準的なホスピタルグレードのステンレス製カバーの状態では、試聴室に霧が出たかのように音像はあいまいで、見通しも悪かった。

「CPP-2SZ/S」を壁コンセントに装着すると、クリアネスがずいぶん上がり、音の形が明確に。声の質感や楽器の倍音も出て来た。もうこの段階で、金属のカバーを被せただけの効果とは到底思えない変化量に唖然とする。

コンセントプレート「CPP-2SZ-SE」¥44,800(税抜)
 
続いて「CPP-2SZ-SE」。30mm厚の航空機用特殊合金製で薄くブロンズっぽい色だ。これはアルミ合金よりもさらに広帯域のノイズ抑制を狙っている。「S」を「SE」に装着し直して聴き出すと単に音の透明感が上がるだけでなく、音像の立体感が明確に。グルーヴ感が出てくるし、まろやかさと粒立ちが両立している。音楽が楽しいのだ。音が気持ちいい。

コンセントプレート「CPP-2SZ/HG」¥76,000(税抜)
 
そして「CPP-2SZ/HG」。構造がいっきに複雑になる。本体は航空機アルミ合金で、そこに装着される表層プレート部は特殊銅合金。そして本体の内部に掘られた溝には特殊合金パウダーを充填。しかもこのパウダー、あえて磁性体だという。

CPP-SZ/HG本体の溝に特殊合金パウダーが充填されている

「S」や「SE」よりも、さらに広帯域のノイズを総合的に抑制する狙いだが、ここの変化ものけぞった。聴くと濃厚な空気を伴った臨場感が出現し、再生の難しい音色がリアルに、しかも深みを持って再現。音の立ち上がりまで良くなっているし、試聴室自体が静かになったかのようだ。音が澄んでいるのだ。ここでもまた誰がどう聴いても分かる変量の大きさと、音のクオリティ向上を前提として、音楽が自由に生き生きと歌い出すのを感じる。


【コンセントプレートの聴き比べ(1)】CPP-2SZ/Sは15mm厚のアルミ合金。標準のホスピタルグレードより2倍以上厚い。クリアネスがぐっと上がるのがすぐに分かる

【コンセントプレートの聴き比べ(2)】CPP-2SZ-SEはCPP-2SZ/Sの倍の厚みでホールド感がアップ。音の透明感が上がり、立体感、グルーヴ感も出てきた

【コンセントプレートの聴き比べ(3)】40mm厚超弩級コンセントプレートCPP-2SZ/HGはアルミと銅と特殊合金パウダーの複合体。こちらにつけ換えると、濃厚な空気感、臨場感が出現した

アルミより低い帯域の電磁波ノイズを遮断する銅合金製コンセントベース

コンセントベース「SCB-2SZ」¥45,000(税抜)

特殊銅合金を使って、比較的低周波の電磁波にも対応させたコンセントベースSCB-2SZの効果も高かった。音場空間が奥行き方向に伸び、音がほぐれ、中高域にあった歪みっぽい感じが相当に抑えられている。

【コンセントベースの有無を聴き比べ】SCB-2SZはずっしりと重い銅合金製。アルミより低い帯域のノイズを遮断できる。音場空間が奥行き方向に伸び、歪みっぽさもなくなった

SCB-2SZの試聴はRWC-2RUにCPP-2SZ/HGを組み合わせた“全部乗せ”
 



以上、驚きの連続であり、これらの製品でなければ到達できない未踏の領域を持っているとさえ思った。高周波ノイズや電磁波によって音は汚されている。なんらかの対策が必要だと改めて痛感したのだった。

【壁用とは限らない汎用コンセントプレートも試した】(左)汎用コンセントプレート「CPC-35SZ/SE」¥34,800(税抜) (右)両面テープで簡単に取り付けられるCPC-35SZ/SEは、上向きのコンセントであればそこに置くだけでも効果が得られる


【問い合わせ先】
オーディオリプラス(株)
TEL 0778-24-5425
info@audio-replas.com


※壁コンセント周りのアイテムを取りつけるには電気工事士の資格が必要です
※本記事は「オーディオアクセサリー」157号所収記事を転載したものです

関連リンク

関連記事