<山本敦のAV進化論 第74回>

【レビュー】人気テレビ番組を無料配信。「TVer」の使い勝手や画質を試す

山本 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2015年10月27日
民放5局(日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ)が放送するテレビ番組、約50本をいつでも好きなときに、好きな場所で、しかも無料で見られる見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」が10月26日からスタートした。

PC版TVerのトップ画面。配信されたコンテンツが時系列で並ぶメニューや検索機能などが揃う

本サービスが立ち上がった経緯や、提供する大手民放テレビ局各社の狙いについては、以前本連載にてキーパーソンへのインタビューを行っているので、こちらの記事を合わせて参考にしていただきたい。今回はPCやモバイル端末で利用できる「TVer」の使い心地を中心に速報インプレッションをお届けする。

■PCはブラウザから、スマホ・タブレットはアプリから楽しめる

「TVer」は民放5局が現在最新の放送プログラムとして制作・オンエアした番組の中から厳選されたものを、放送終了後からキャッチアップして視聴できる、いわゆる見逃し配信サービスだ。なお製作サイドの都合により、放送終了後すぐに見られないものだったり、人気ドラマの中にはTVerでは配信されないタイトルもあるようだ。

アプリもダウンロードができるようになった

TVer上に公開されている作品はいずれも無料で視聴ができるが、公開期間は一部番組を除いて1週間に決められているので、うっかり見逃してしまった番組はなるべく早めにTVerでチェックする習慣を付けた方がよさそうだ。視聴方法はすべてオンラインでのライブストリーミングとなり、PCやスマホにダウンロード保存して見るという使い方には対応していない。

カフェのWi-Fiサービスに接続してPCでTVerを視聴

PC版はWindows/Mac対応で、Internet ExplorerやGoogle ChromeなどWebブラウザからTVerのサイトにアクセスして、動画はFlash Playerのプラグインを組み合わせて見るかたちを採っている。PC用のブラウザアプリケーションについては、メジャーなものは一通り押さえられているようだ。モバイル視聴用には「TVer」アプリをiOS/Androidそれぞれのアプリストアで配信している。iOS7以降、Android 4.1以降をサポート。フィーチャーフォンは非対応だ。

TVerのサービスインに合わせてモバイルアプリの配信も始まった

■番組検索の精度は悪くないがちょっとしたクセも

PC版のTVerは、ページトップにタグ状のメニューを配置。「新着」「注目」の動画を紹介するほか、きのう/おとといの時系列で並ぶ見逃し番組のリストや、配信が始まって約7日間で「まもなく配信終了」となる番組のリストなどが並ぶ。検索機能は「番組名」や「タレント名」でのフリーワード検索を用意。それぞれの条件に加えて民放5局から探したい局を特定したり、番組のジャンル、日付の条件を立てて絞り込むことも可能だ。

キーワード検索に絞り込み条件を加えることも可能

検索機能を使ってみた手応えとしては、番組タイトルずばりでなくても、一部のワードが含まれていればヒットするし、番組の「出演者情報」からも探し当ててくれるので精度は悪くない。ただ一方で、例えばタレント名で検索する場合に「有吉 弘行」だとヒットしないのに、「有吉」だけなら見つかるといった具合にちょっとしたクセもあるようだ。

主力ドラマがやや少なめ。一方、バラエティの人気ショートコーナー動画も

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事