[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第79回】宇多田ヒカル「First Love」ハイレゾ音源全曲徹底レビュー!

高橋敦

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

2014年03月10日
■「First Love」ハイレゾ配信開始記念!宇多田ヒカル愛あふれる高橋敦の徹底考察&全曲レビュー

ハイレゾ配信が商売として成り立ち、旧譜から新譜までを十分に潤沢に供給できる規模を獲得そして維持するためには、起爆剤が必要だ。ハードウェアやサービスの面では昨年のソニーの動きが大きかったし、今後はアップルの動きに注目が集まる。しかし何はともあれ重要なのは魅力的な作品、広く一般からの注目を集め得る作品がハイレゾで配信されることだ。

という堅苦しい前置きを終えたところで…


宇多田ヒカル「First Love」ハイレゾ配信開始!
今回は宇多田ヒカルさん「First Love」ハイレゾ配信開始記念!徹底考察&全曲レビューッ!(e-onkyo musicの配信ページmoraの配信ページ)日本でいちばん売れてるアルバムなので「広く一般からの注目を集め得る作品」として文句なし!これは取り上げざるを得ないッ!…という名目を掲げつつ、実際は僕が宇多田さん大好きなので好き勝手にやる企画です。

■高橋敦のココロIt's automatic − ハイレゾ版「First Love」基本情報を確認!

まずは宇多田ヒカルさん「First Love」基本情報から確認していこう。

・宇多田ヒカルさんの1stアルバム
・1999年3月10日発売
・オリコン調べで国内セールス760万枚以上
・今回は15周年記念でハイレゾ含めて様々に展開

音楽性については改めての長々とした説明は不要だろう。超ざっくりと言えば、「現代的なR&Bの要素を日本のポップスに融合させた先駆的な作品」として知られる。

さて、本題である今回のハイレゾ配信版はというと、宇多田さん公式サイトのニュースコーナーによると、「ハイレゾ音源(96kHz / 24bit)はオリジナルマスターテープからリマスタリングした音源を96kHz / 24bitでデジタル化したもの。オリジナルマスターに近い音質でこのアルバムを楽しむことができるハイエンドユーザー向け商品」「世界トップクラスのエンジニアTed Jensenがリマスタリング」とのことだ。

A)96kHz/24bit
B)オリジナルマスターテープからリマスタリング
C)ハイエンドユーザー向け
D)テッド・ジェンセン氏によるリマスタリング

…といったところがポイントになる。

高橋敦による、ハイレゾ版「First Love」徹底考察!

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

関連記事