【東京・田代邸】「賃貸・6畳・ワンルーム」でも、生活空間を壊さずにホームシアター

取材・構成/ファイル・ウェブ編集部
2012年11月07日
使いたいときだけ気軽に設置して使える。
普段の生活空間を壊さない手軽さが魅力


都内に住む田代さんは、6畳のワンルームに一人暮らし。最近、自室に「EH-TW400」を導入した。「映画が好きでよく観るのですが、手持ちの32インチテレビの大きさにだんだん不満が出てきてしまい…もっと大画面で好きな作品を楽しみたいと思い、プロジェクターの導入を決めました」。

「EH-TW400」と田代さん

EH-TW400に決めた理由は「普段の生活空間を壊さずに取り入れられること」。「大きなプロジェクターはもちろん素晴らしいと思うのですが、ワンルームの部屋に置くにはハードルが高いなと。TW400は小さくて軽いので、使いたいときに気軽に設置して使うことができるんです。スクリーンからそんなに距離が取れなくても大画面表示できますし、スピーカーも内蔵しているので、余計な配線でごちゃごちゃしないのもいいなと思いました」。


プロジェクターを使うときはローテーブルの上に設置。PS3やBDレコーダーとはHDMI1本ずつでつなぐだけ。スピーカーも内蔵しているので、配線はとてもシンプル。

スクリーンは80型の立ち上げ式。使わないときは降ろしておけるので、生活空間を邪魔しない
そして、「明るい部屋でも使えること」もポイントだったという。日当たりの良さで選んだという田代さんの部屋は窓の多い間取り。使っているカーテンも遮光のものではない。でも気に入っているカーテンを新たに買い直すのはもったいないし、映画館のような“スクリーン以外真っ黒”を目指すのは、普段生活する部屋のインテリアとしては難しい − それらの問題をすべて解決してくれるプロジェクターが、「EH-TW400」だったそう。「晴れた日の昼間でも十分綺麗な映像を楽しめます」。

スペースの関係でスクリーンの斜め横などにしかプロジェクターを置けない場合も、「ピタッと補正機能」を使えば、正面に置いたのと同じような映像にカンタン補正できる。

「ゲーム機もつなげるし、ブルーレイレコーダーをつなげば大画面でテレビ番組も楽しめる。USBケーブルでPCとつなげばネットの動画も映し出せますし、USBメモリに入れた写真のスライドショー上映もできるんですよね。最近ミラーレス一眼を買ったのですが、友人を部屋に呼んで旅行の写真を見たりするのにも活躍しています。最初の目的は映画を観ることでしたが、今はいろいろなシーンで様々なコンテンツを楽しめることに魅力を感じています」と語る田代さん。ワンルームの限られた空間のなかで、ホームシアターが叶えてくれるたくさんの可能性を楽しみ尽くしているようだ。


HOMETHEATER DATA

建物形態●賃貸
家族構成●1人
ホームシアターの広さ●約6畳・ワンルーム
画面サイズ●80inch
サラウンド●なし


EQUIPMENT LIST

●プロジェクター:エプソン EH-TW400
●スクリーン:オーエス GUP-80HDW
●ブルーレイレコーダー:パナソニック DMR-BRT210