【神奈川県・小野邸】永年の夢が具現化した、シンプルで無駄のない高パフォーマンスシアター

ホームシアターファイル編集部
2012年11月07日
等身大の迫力、臨場感、感動を
家族で楽しめるリビングシアター



「ホームシアターはずっとほしくて、3年ほど前から『ホームシアターファイル』を定期購読していました」と語るのは、オーナーの小野さん。以前お住まいのアパートでは、テレビと5.1chのホームシアターパッケージシステムを楽しんでいたという。

新築を機に、プロジェクター&100インチのスクリーンを設えたリビングシアターを思い立ち、ホームシアター計画をスタートさせた。機器選定のアドバイスや取り付け工事はアバックに依頼。住まいの設計と建築は奥さまのご実家の工務店に依頼したため、配管や電源の引きまわしなど、準備は万全。施工もスムーズに進んだ。

小野さんのイメージがはっきりしていたこともあり、シンプルで無駄がない、それでいてパフォーマンス力も極めて高いリビングシアターが完成した。

プロジェクターに選んだのはエプソンのEH-TW8000W。3D対応でコストパフォーマンスがよく、明るく力強い映像は白い壁・天井に囲まれたリビングシアターで力を発揮する。レンズシフトの幅が広く、単焦点から長焦点まで対応するなど、設置性の高さも魅力的だ。このTW8000Wを天吊り設置。スクリーンは天井を掘り込んで設置。小野さんが夢に描いていたスクリーンシアターである。

スクリーンは天井を掘り込んで設置。機器スペースのとり方は合理的で 無駄がない

プロジェクターを天吊り、サラウンドスピーカーは埋め込みタイプを選んだ

お仕事が忙しく思うように視聴時間が取れないのが悩みだが、念願の『スター・ウォーズ』ブルーレイも体感した。ご家族にはジブリ作品やディズニー作品が好評だ。

「大画面っていいですね。前とは比べものにならないほどきれいで、迫力があります」と小野さん。

「3Dも映画館より見やすくて疲れにくいんです。『塔の上のラプンツェル』は圧巻でした」と語るのは奥様。

エプソンEH-TW8000Wのもたらす等身大の迫力、臨場感、感動はご家族にも大好評だ。

HOMETHEATER DATA

住まい●新築
広さ●約15畳(ダイニング含む)
映像●100inch+46inch
音響●5.1ch


EQUIPMENT LIST

● プロジェクター:エプソン EH-TW8000W
● スクリーン:キクチ SES-100HDWA
● 液晶テレビ:ソニー KDL-46HX800
● ブルーレイプレーヤー:ソニー PS3
● AVアンプ:ヤマハ RX-V771
● フロントスピーカー:DALI Zensor7
● センタースピーカー:DALI Zensor Vokal
● サラウンドスピーカー:CAV HT-62
● サブウーファー:デノン DSW7L2K
● 調光システム:パナソニック リビングライコン

関連記事