HOME > ニュース > Amazonブラックフライデー、買う前にやらないと損する “要登録”キャンペーンまとめ

ポイントアップキャンペーン等の情報をおさらい

Amazonブラックフライデー、買う前にやらないと損する “要登録”キャンペーンまとめ

2022/11/24 ファイルウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
Amazonの年に1度のビッグセール「Amazonブラックフライデー」。いよいよ11月25日0時からスタートするわけだが、各種キャンペーンを上手に活用することで、さらにお得に買い物できる。これらキャンペーンは事前に登録が必要なものもあるので、今のうちに準備をしておきたい。またスタート後に欲しいモノが見つかったときも、少しでもトクするためにこの記事を参照して欲しい。



最もおすすめしたいのが「Amazonギフト券」へのチャージ。このAmazonギフト券、現在2つのキャンペーンが並行して走っており、そのうちひとつは要事前登録、もうひとつは注文確定前にクーポンコードの入力が必要となっている。

事前登録が必要なのが、5,000円以上の金額をコンビニ/ATM/ネットバンキング/クレジットカードのいずれかでチャージすることで、0.5%のポイント還元が行われるというキャンペーン。キャンペーンページのエントリーボタンを押すことで参加できる。



そしてもう1つが、プライム会員がクレジットカードで5,000円以上チャージすることで0.5%のポイントが還元されるというもの。こちらはクーポンコードを注文確定前に入力する必要がある。



この2つのキャンペーンは同時利用が可能。つまりプライム会員になって、クレジットカードでチャージすることで “二重取り” でき、計1%のポイント還元を受けることが可能だ。0.5%だと物足りないかもしれないが、その倍の1%ともなれば、かなり還元額も多くなる。

1つめのキャンペーンについてはこのブラックフライデーにあわせて開催されるもので、期間は12月1日23:59まで。こちらは0.5%ポイント還元の上限が定められており、期間中1人あたり最大20,000ポイントまでとなっている。2つめのキャンペーンについては、12月31日23:59まで継続し、付与上限もない(1回あたりのチャージ可能額に上限はある)。

いずれにせよ、同じ金額を使うのであれば、ギフト券にチャージしたらポイント分オトクになるので、使わない手はない。Amazonギフト券は発行から10年も有効なので、今回のブラックフライデーで欲しい商品がなかった場合でも、この機会にチャージしておいて損はない。

そのほか、セール恒例の「ポイントアップキャンペーン」の利用にも登録が必要。セール期間中に合計1万円以上の買い物をするとポイント還元率がアップするというもので、還元ポイント数は最大10,000ポイント。参加はキャンペーンページからエントリーボタンを押すだけと超簡単なので、今のうちにエントリーしておくことをおすすめしたい。

還元率が条件によって異なるが、プライム会員なら、それだけで2%還元。Amazonショッピングアプリからの購入で0.5%、Amazon Mastercardでの購入で3%アップする。



Amazon Mastercardはハードルが高いという方でも、プライム会員がアプリから購入すれば2.5%の還元が受けられるのが本キャンペーンのメインのメリットといえるだろう。ちなみにボーナス的に、Amazonデバイスを購入すると5.5%アップになる。

最大50,000ポイントが当たる「プライムスタンプラリー」も注目だが、ポイントアップキャンペーンとは別途での参加登録が必要。キャンペーンページの「参加する」ボタンをクリックするだけなので、こちらもあわせて事前に登録しておくことをおすすめしたい。

こちらのキャンペーンは、5つのスタンプを集めると10人に1人に最大50,000ポイントが当たるというもの。スタンプも「Prime Videoを観る」「ポイントアップキャンペーンにエントリーする」など、プライム会員ならすぐに達成できるものばかりだ。



ちなみにスタンプをひとつでも集めていれば「Fire TV Stick 4K Max」「Echo show 5」などが当たるキャンペーンに参加することが可能。一気に全部集めるのは手間かもしれないが、まずはひとつだけでも集めておくとよいだろう。

ここで紹介したキャンペーンは全部すでに始まっているので、0時からのブラックフライデー開始前に済ませることが可能。せっかくの年に1度のビッグセール、とことん使いこなして最高におトクな買い物をしたいところだ。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE