HOME > ニュース > Amazonブラックフライデーまであと数時間! 100%使いこなすポイントをおさらい!

多数のキャンペーンを活用しよう

Amazonブラックフライデーまであと数時間! 100%使いこなすポイントをおさらい!

2022/11/24 ファイルウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
Amazonの年に1度のビッグセール「Amazonブラックフライデー」が、いよいよ明日11月25日0時(本日11月24日深夜12時)よりスタートする。



事前に公開されているだけでも「AirPods Pro」や「iPad mini(第6世代)」「Apple Watch SE」などのApple製品や、レグザの65型4K液晶テレビ「65Z570K 」、プロジェクター「popIn Aladdin 2 Plus」など、人気のAV/ガジェット製品が多数ラインナップ。

それに加えて冷蔵庫や洗濯機といった白物家電、キャンプなど趣味のグッズ、紙おむつや洗濯用洗剤などの消耗品、食品類と、実に幅広いジャンルの商品がセール価格で登場する。至る所で値上げが続いている昨今、なにかお高い製品を買う予定はなくとも、ちょっとした日用品の買い溜めに活用していきたいところだ。

ただでさえおトクなビッグセールだが、ちょっとしたキャンペーンを活用することで一層おトクに買い物ができることをご存知だろうか?

例えばセール恒例の「ポイントアップキャンペーン」。セール期間中に合計1万円以上の買い物をするとポイント還元率がアップするというもので、条件によって還元率が異なる。これもプライム会員なら、それだけで2%還元。Amazonショッピングアプリからの購入で0.5%、Amazon Mastercardでの購入で3%アップする。



Amazon Mastercardはハードルが高いという方でも、プライム会員がアプリから購入すれば2.5%の還元が受けられるのが本キャンペーンのメインのメリットといえるだろう。ちなみにボーナス的に、Amazonデバイスを購入すると5.5%アップになる。

還元ポイント数は最大10,000ポイント。参加はキャンペーンページからエントリーボタンを押すだけと超簡単なので、今のうちにエントリーしておくことをおすすめしたい。

「プライムスタンプラリー」も注目のキャンペーンだ。5つのスタンプを集めると10人に1人に最大50,000ポイントが当たるというもので、スタンプも「Prime Videoを観る」「ポイントアップキャンペーンにエントリーする」など、プライム会員ならすぐに達成できるものばかりだ。



ちなみにスタンプをひとつでも集めていれば「Fire TV Stick 4K Max」「Echo show 5」などが当たるキャンペーンに参加することが可能。一気に全部集めるのは手間かもしれないが、まずはひとつだけでも集めておくとよいだろう。

そして1番のおすすめが「Amazonギフト券」へのチャージ。このAmazonギフト券、現在2つのキャンペーンが並行して走っている。1つは5,000円以上の金額をコンビニ/ATM/ネットバンキング/クレジットカードのいずれかでチャージすることで、0.5%のポイント還元が行われるというもの。キャンペーンページのエントリーボタンを押すことで参加できる。



そしてもう1つが、プライム会員がクレジットカードで5,000円以上チャージすることで0.5%のポイントが還元されるというもの。こちらはクーポンコード【F4CP4Y5GRTY7】を注文確定前に入力する必要がある。



この2つのキャンペーンは同時利用が可能。つまりプライム会員になって、クレジットカードでチャージすることで “二重取り” でき、計1%のポイント還元を受けることが可能だ。0.5%だと物足りないかもしれないが、その倍の1%ともなれば、かなり還元額も多くなる。

1つめのキャンペーンについてはこのブラックフライデーにあわせて開催されるもので、期間は12月1日23:59まで。こちらは0.5%ポイント還元の上限が定められており、期間中1人あたり最大20,000ポイントまでとなっている。2つめのキャンペーンについては、12月31日23:59まで継続し、付与上限もない(1回あたりのチャージ可能額に上限はある)。

いずれにせよ、同じ金額を使うのであれば、ギフト券にチャージしたらポイント分オトクになるので、使わない手はない。Amazonギフト券は発行から10年も有効なので、ある程度の金額をチャージしておくと面倒がないだろう。

ここで紹介したキャンペーンは全部すでに始まっているので、0時からのブラックフライデー開始前に済ませることが可能。せっかくの年に1度のビッグセール、とことん使いこなして最高におトクな買い物をしたいところだ。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック