予約受付開始

Amazon、新世代「Kindle Paperwhite」3機種。初のワイヤレス充電対応「シグニチャー エディション」も

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年09月21日
Amazonは、300ppiの6.8インチE-inkディスプレイを備えた「Kindle Paperwhite」第11世代モデルを発表。機能強化版の「Kindle Paperwhite シグニチャーエディション」、児童向けの付帯機能を備える「Kindle Paperwhite キッズモデル」を加えた計3モデルを、本日より予約を開始する。販売ラインナップの出荷時期および販売価格は以下の通り(すべて税込)。

「Kindle Paperwhite」第11世代モデル

■Kindle Paperwhite(ストレージ:8GB)
出荷時期10月27日(金)予定
広告付きモデル:14,980円
広告無しモデル:16,980円

■Kindle Paperwhite シグニチャーエディション(ストレージ:32GB)
単品:19,980円/出荷時期11月10日(水)予定
ワイヤレス充電セット:22,460円/出荷時期12月1日(水)予定

■Kindle Paperwhite キッズモデル(ストレージ:8GB)
出荷時期10月27日(金)予定
16,980円

2018年発売の第10世代モデルから3年越しのモデルチェンジを果たした形。製品ラインナップは拡充されているが、前世代機に用意されていたセルラー(4G)仕様はいずれのモデルでも廃止されている。

筐体デザインは3モデル共通の物を使用しており、前モデルの6インチからサイズアップを実現した6.8インチE-inkディスプレイを採用。なお、ディスプレイについても新世代の物を使用することで、ページ捲りなどのレスポンス速度が前モデル比で20%向上したという。

上位機種搭載の「色調調節ライト機能」により、どのようなシチュエーションでも読書が楽しめるとしている

内蔵LEDについても5基から17基へと増設したことで明度を10%向上させているとするほか、ディスプレイの大型化に伴う筐体のサイズアップにつき、バッテリー面積も拡張。1回の充電で最大10週間の利用が可能になっているなど、前モデル比で約65%バッテリー寿命の向上を実現。また、充電コネクターもmicro USBからUSB-Cへと変更が施されている。引き続きIPX8等級の防水に対応している。

機能面では上位機種「Oasis」に搭載されている「色調調節ライト機能」をPaperwhiteシリーズで初めて搭載。スクリーンの色合いを明るいホワイトから、暖かみのあるアンバーへ調節が可能となっており、ユーザーの気分や昼夜を問わず、いつでも読書を楽しむことができると同社はアピールしている。

今回から登場する「シグニチャーエディション」では、通常モデルおよびキッズモデルの内蔵ストレージ8GBに対して32GBを有するほか、最上位モデルに搭載される「明るさ自動調整機能」装備、kindleシリーズ初のワイヤレス充電に対応を実現。Anker製のワイヤレス充電スタンド(単品3,480円/12/1出荷予定)にセットすることで最大7.5W、2時間での満充電が可能となっている。

「Kindle Paperwhite シグニチャーエディション」

キッズモデルは、通常のPaperwhite本体に1年間の「Amazon Kids+」サービスと、2年間の保証、キッズカバー(ブラック、エメラルド・フォレスト、ロボットドリームいずれか一種類)を付属したモデル。

「Kindle Paperwhite キッズモデル」

また、独自の機能として、英語の本に出てくる難しい言葉に対して、簡単な英文の説明が表示される「Word Wise」や、 復習や学習のためにKindle辞書で調べた単語のフラッシュカードを作成する単語帳などを備える。また、保護者などが予め設定した読書時間など、目標を達成すると、「本の虫」「ヒーロー」といったバッジが付与される読書促進機能も搭載される。

そのほか、保護者からの機能制限をおこなうペアレントダッシュボードでは、読書の進捗状況を確認や、読書の目標を設定、保護者が購入したタイトルを大人用プロフィールからライブラリーに追加することが可能となっている。また、近日追加予定の「ベッドタイム」機能では、夜に本を読むのを終了する 時間、そして朝に読むのを開始する時間の両方をコントロールできるものとなっており、適切な睡眠時間の確保といった健康に配慮した機能も搭載される。

関連記事