唐揚げや揚げシューマイなど

丸亀製麺、7種のおかず入り「こどもうどん弁当」を7月21日発売。TOKIO国分太一さんも開発参加

  • Twitter
  • FaceBook
PHILE WEB編集部
2021年07月13日
丸亀製麺は、持ち帰り専用メニュー 「丸亀こどもうどん弁当」を7月21日より数量限定で発売する。うどんの量は2種類が用意され、「にこにこ1/2玉サイズ」が450円、「もりもり1玉サイズ」が550円(どちらも税込・容器代込)。

「こどもうどん弁当」

4月の発売から700万食を突破した、“丸亀うどん弁当シリーズ”の子ども向け新商品。本製品の開発には株式会社TOKIOの国分太一さんも参加し、栄養バランスだけでなく食べやすさも考慮しているという。おかずは7種類で、とりももの唐揚げ、揚げシューマイ、たまご焼き、タコちゃんウィンナー、ロッコリー、枝豆、コーン、きんぴらごぼうとなる。

通常のうどん弁当では、ぶっかけだしは袋に入っているが、こどもうどん弁当ではキャップ式の容器を採用。かける量を自分で調整できるため、 好みの味加減で食べられるとしている。また店頭では、小さな子どもひとりでも食べやすい先割れスプーンも提供する。

なお、年齢制限なく大人でも購入が可能。また、枝豆やコーンは誤って気管に入る可能性があるため、「3歳ごろまではお控えください」と注意されている。

関連記事