公開初日から30日で

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、興収70億円突破でシリーズ最高記録更新

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2021年04月07日
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の興行収入が公開初日から30日間累計で70億円を突破。シリーズ最高記録を更新した。

総作画監督・錦織敦史氏による描き下ろしによる「公開中ポスター」

カラーの公式Twitterアカウントが明かしたもの。「ご鑑賞いただいた皆様、本当にありがとうございます!!」「一部劇場では夜間の上映制限等が続いておりましたが、今週金曜日からはレイトショーが始まる映画館さんもあるようです。ぜひ感染対策を万全に劇場へお越し下さい!」とツイートしている。



なお、興行通信社「CINEMAランキング通信」が発表したランキングによれば、4月3日・4日の土日2日間で同作は動員19万6000人、興収3億2100万円をあげ、4月5日付け時点での累計で動員451万人、興収68.9億円を突破していた。

ちなみに、同ランキング2位は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。土日2日間で動員15万3000人、興収2億3700万円をあげ先週の3位からワンランクアップの2位にランクインし、前週比は、動員で37%増、興収で39%増。累計では動員2857万人、興収394億円を突破したという。

関連記事