予約特典は「全トラックリスト」

ファン必携、YMO完全ヒストリー本『YMO1978-2043』発売。“新事実も満載”

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小澤麻実
2021年01月28日
KADOKAWAは、YMO完全ヒストリー本『YMO1978-2043』を3月12日に発売する。価格は3,600円(税抜)。著者はライター・吉村栄一。

『YMO1978-2043』3,600円(税抜)/3月12日発売

Yellow Magic Orchestra(YMO)は細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏による音楽グループ。『YMO1978-2043』は、結成された1978年から“散開”した1983年直後までを第1部、 再生を果たした1992年から2020年までを第2部として構成。A5判、全320ページの2段組となっており、口絵では貴重な写真を16ページにわたってカラーで掲載している。

第1部、 第2部とも「いままで知られていなかった新事実も満載」とのこと。「タイトルにある『2043』の意味するところは、 ぜひ本書の中で確認してください」とアピールされている。

現在、Amazon/タワーレコード/ HMV&BOOKS/ディスクユニオンにて予約を受付中だ。特典として、YMOが発表した全バージョン/ミックスを網羅した小冊子「YMO全トラックリスト2021」が付属。特にAmazon版は限定表紙がつくとのことだ。

Amazon版のみの限定表紙


<目次>
はじめに
■第1部 1978〜1983
第1章 『イエロー・マジック・オーケストラ』 その誕生の背景にあったもの、 変転していく運命
第2章 イエロー・マジック・オーケストラ、 ついに世界へ
第3章 イエロー・マジック・オーケストラの新しいステージ『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』
第4章 初のワールド・ツアーと人造美のライヴ・アルバム『パブリック・プレッシャー』
第5章 スネークマンショーとのコラボレーションが生んだYMOの異色作『増殖』
第6章 ワールド・ツアー『FROM TOKIO TO TOKYO』
第7章 YMOの転機となった、 世界との連帯をしめすバック・グラウンド・ミュージック『BGM』
第8章 世界に衝撃を与えたYMO、 渾身のアルバム『テクノデリック』
第9章 1981年冬に投影されたYMOの陰影『ウィンター・ライヴ』
第10章 YMOの有終を飾る、 キュートなひととき『浮気なぼくら』
第11章 散開! ファンに贈るYMOならではな特別大『サーヴィス』
第12章 YMOの歴史を凝縮した豪華絢爛の散開ツアーと『アフター・サーヴィス』
第13章 「ビハインド・ザ・マスク」の軌跡
第1部の終わりに
■第2部 1992〜2020
第1章 『テクノドン』の目覚め
第2章 ライヴ・アット・TOKIOドーム
第3章 20世紀の終わりに 〜奇貨としてのスケッチ・ショウとHAS
第4章 YMO環境21世紀
第5章 実質的な再々結成。 「ライディーン79/07」
第6章 YMOと社会活動
第7章 28年ぶりのヨーロッパ・ツアーとワールド・ハピネスの誕生
第8章 2009年、 YMOの復活
第9章 YMOがハピネスでいられた2010年
第10章 東日本大震災とYMO。 そして31年ぶりのアメリカ・ツアー
第11章 2012年、 還暦とNO NUKESの夏
第12章 結成35周年の年にYMOが残した余韻
第13章 POST YMO 2014-2019
第14章 イエロー・マジック・チルドレンという風景
第15章(終章) 2020年、 パンデミックの社会で
第2部の終わりに
YMO作品リスト
引用発言出典一覧
YMO年譜
おわりに

関連記事