変更時期は21年度上期を予定

ジャパンネット銀行が「PayPay銀行」へ。ブランド推進の一環で商号変更

編集部:川田菜月
2020年07月31日
ジャパンネット銀行は、本日2020年7月31日に開催した取締役会にて、「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」への商号変更を決定した。変更時期は未定だが、2021年度上期を予定する。

商号変更の理由について、スマホ決済サービス「PayPay」の累計ユーザー数が2020年6月時点で3,000万人を突破するなど、多くのユーザーが日常的に使うサービスへと急速に成長していることを背景に、「グループ全体での “シナリオ金融構想” のもと、PayPayブランド推進の一環として、PayPayブランドを冠した商号に変更」するものという。

なお、本決定は、株主総会における定款変更の決議、関係当局の認可を前提としている。

関連リンク

関連記事