ゾンビィがゾンビ役のややこしい構造

フランシュシュがハリウッドデビュー、『ゾンビランド:ダブルタップ』にゾンビ役で声優出演

編集部:押野 由宇
2019年11月18日
11月22日より全国公開となる映画『ゾンビランド:ダブルタップ』と、TVアニメ『ゾンビランドサガ』との特別コラボ映像&ポスターが解禁。『ゾンビランドサガ』内のアイドルグループ「フランシュシュ」のメンバーが、映画内でゾンビ役で声優デビューすることが決定した。

『ゾンビランド:ダブルタップ』と『ゾンビランドサガ』がコラボ、特別ポスターが解禁

TVアニメ『ゾンビランドサガ』は、「ゾンビとなった伝説の少女たちが、アイドルとなり、佐賀県を救う!?」という新感覚ゾンビアイドル系アニメ。2018年10月〜12月に放送され、アニメ総選挙2018年間大賞やアニメアワード作品賞(TVアニメ部門)など数々の賞を受賞している。

今回、『ゾンビランド:ダブルタップ』とのコラボが決定した理由は、まずともに日米を代表する<ゾンビランド>であること。そして映画『ゾンビランド』の続編である映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の公開決定の発表の際にTwitter上で「ゾンビランド続編」というキーワードが大きな話題となり、「ゾンビランドサガの続篇か!?」との勘違いも生まれたが、その翌日に本当にTVアニメの続篇『ゾンビランドサガ リベンジ』の制作決定の発表が行われたという “奇跡すぎる偶然” があったことが挙げられている。



〜〜コラボ映像のあらすじ〜〜

謎のアイドルプロデューサー巽 幸太郎(CV.宮野真守)が、自身がプロデュースするアイドルグループ “フランシュシュ” にビッグな仕事を持ってきたと告げる。それは、まさかのハリウッドデビュー!映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本語吹替版の映画内でゾンビ役の声優の仕事が決まったのだ。メンバーの二階堂サキ(CV.田野アサミ)は、いつも隠せと言われるゾンビィをやらせるのかと反発し、源さくら(CV.本渡 楓)は「どやんすどやんす〜」と唐津弁で慌ててしまう。そんなメンバーに「佐賀を世界に売り込むチャンスなんだ!!」と、早速練習を始めさせる幸太郎。メンバーは映画の映像に合わせてゾンビの声を練習するが、正体はゾンビィである彼女たちも初めての吹替の声当てはさすがに上手くいかず、「もっと死んだ気で行けー!!」「ゾンビィらしくやらんかーい!」と、いちいち幸太郎にダメ出しされてしまう・・・。しかもまさかの全員分の役はないと告げられて・・・。果たして、この中からハリウッドデビューするのは誰なのか・・・!
〜〜〜〜


コラボにあたり解禁された特別コラボポスターは、映画『ゾンビランド:ダブルタップ』のポスターかと思いきや、背後から映画の主人公4人に迫り寄るのはフランシュシュのメンバーである、さくら、サキ、愛、純子、ゆうぎり、リリィ、たえ ら “ゾンビィ” たち。さらに背景にそびえるのは佐賀県庁という情報量の多い内容となっている。

関連記事