dTV公式Youtubeチャンネルで配信

浜崎あゆみ「M 愛すべき人がいて」クライマックスシーンが初映像化。自伝的小説を“ビジュアル・オーディオブック”で公開

編集部:押野 由宇
2019年11月08日
浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』の「ビジュアル・オーディオブック」が、dTV公式Youtubeチャンネルで本日11月8日に公開された。

M 愛すべき人がいて』ビジュアル・オーディオブック公開

小説のクライマックスにあたる第5章「Mとの別れ」を映像化。「1999年、日本を席巻するトップスターとなった浜崎あゆみと、当時の恋人であった現エイベックス会長の松浦勝人の切なくも美しい別れの場面を描いた、朗読アニメーション」であると説明されている。

1stアルバム『A Song for ××』から2ndアルバム『LOVEppears』までの名曲に彩られながら、小説が朗読されるアニメーション作品となっており、歌詞をモーショングラフィックスとして表示する機能をもつ「Lyric Speaker」の技術も活用され、活字を目と耳で深く味わうことを目的に制作されている。

また、続編がdTVにて12月上旬に配信されることも決定している。


関連記事