店舗カウンター受け取りにも対応

Amazonが宅配ロッカーで24時間受け取り可能に。「Amazon Hub」サービス開始

編集部:平山洸太
2019年09月18日
アマゾンジャパンは、同社で購入した商品の新しい受け取りサービス「Amazon Hub」を発表した。9月中に東京と神奈川の数十か所で順次サービスを開始し、今年末までに約200か所へ拡大予定。また、2020年以降も日本全国に順次拡大する予定としている。

ロゴ

Amazon Hubは、同社で購入した商品を、パートナー企業/団体のコンビニエンスストアや店舗、駅などで素早く簡単に受け取れるというサービス。セルフサービス方式の「Amazon Hub ロッカー」、パートナー企業の店舗スタッフが商品を受け渡す「Amazon Hub カウンター」の2種類が用意される。

カウンターの様子

ロッカーの様子

どちらも商品注文時、配送先として希望するAmazon Hubを指定するだけで利用可能。商品がAmazon Hubに到着すると受取バーコードが記載された通知メールが送信され、Amazon Hub備え付けのスキャナーにバーコードを読み込ませることで商品を受け取れる。

バーコードをスキャンして受け取る

なお、商品の保管期間はロッカーは3日間、カウンターは14日間で、保管期間を過ぎると自動的に注文がキャンセルされる(ロッカー/カウンターが利用できない非営業日などはカウントされない)。また、重量やサイズの大きな商品、一部危険物、Prime NowやAmazonフレッシュの商品は利用対象外となっている。

現時点のパートナー企業/団体としては、ファミリーマート、小田急電鉄、富士シティオ、昭和女子大学、東京海上日動火災保険、ecbo、りんらく、大学生協事業連合などが参加を表明している。

記者発表会の様子

関連リンク

関連記事