「続、そして終。」

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」2020年公開、東宝・東映・カラー共同配給

編集部:風間雄介
2018年07月20日
アニメ「エヴァンゲリオン」最新作となる「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が、2020年に公開される。全国の映画館で「特報」として公開され、明らかになったもの。

エヴァンゲリオンシリーズは、1990年代に社会現象となったテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に端を発し、その後劇場版が公開されるたびに話題となっている、庵野秀明監督によるアニメ作品。

エヴァンゲリオン公式サイトにも、「続、そして終。」「非、そして反。」という文字とともに、「シン・エヴァンゲリオン劇場版 鋭意制作中」と書かれている。

今回はカラー、東宝、東映の3社が協同で映画配給を行う。東宝と東映のロゴマークを映画の冒頭に並べるというのは、庵野監督の長年の夢なのだという。

なお、特報は7月20日〜8月31日(予定)まで、全国の映画館で見ることができる。特報に出てくるのは8号機で、カラーのTwitterアカウントでは、その初期検討用モデルも公開されている。



関連記事