日本版と海外版で2デザイン

SNK、“NEOGEO”40タイトルを内蔵したゲーム機「NEOGEO mini」。アーケード筐体モチーフ

編集部:押野 由宇
2018年05月10日
(株)SNKは、SNKブランド40周年を記念したゲーム機「NEOGEO mini(ネオジオ ミニ)」の発売を発表した。

「NEOGEO mini」(日本版)

NEOGEO miniは、 1990年に誕生したゲームプラットフォーム「NEOGEO」の多彩なラインアップの中から、 名作・傑作タイトルを40作品内蔵したゲーム機。 ゲーム機本体に 3.5インチの液晶ディスプレイを搭載しており、 TVモニターに接続することなくゲームが楽しめる。

アーケード筐体をモチーフにデザイン

手のひらに乗るコンパクトなサイズで、外観デザインは、日本版(日本 アジア地域で販売)と海外版(北米、 欧州、 その他地域で販売)の2種類を用意。日本版は、 1990年代に登場したNEOGEOのアーケード筐体をモチーフに青、白、赤の配色でデザイン。 海外版は黒、白、青を基調にしたシンプルでモダンなデザインとなっている。

「NEOGEO mini」(海外版)

HDMI端子を搭載し、テレビ出力も可能。ほかヘッドホン端子、外部コントローラー端子を備える。外形寸法は135W×162H×108Dmm、質量は600g。電源ケーブルが付属する。

なおNEOGEO miniの発売時期や収録タイトルなどの詳細については、 今後発表予定とのこと。

NEOGEOは、1990年にSNKが発売したアーケード用ゲーム機および家庭用ゲーム機のプラットフォームの名称。アーケード用ゲーム機のソフトウェアを従来の基板からROMカセット化し、自由にゲームを交換できる独自のシステムを開発。NEOGEOのアーケード用ゲーム機は、1台のゲーム機に複数のゲームタイトルを内蔵可能なことに加え、安価な価格設定により、全国のゲームセンターだけでなくスーパーや駄菓子屋などにも設置された。

また、NEOGEOの家庭用ゲーム機では、ソフトウェアをアーケード用ゲーム機のROMカセットと共通化。「凄いゲームを連れて帰ろう」のキャッチコピーどおり、自宅でもアーケードと同じクオリティのゲームを楽しむことが可能だった。

関連リンク