家電小売り業界初

ビックカメラ、DJIの産業用ドローンの取り扱いを開始

編集部:押野 由宇
2018年02月08日
ビッグカメラは、株式会社FLIGHTSと連携し、家電小売り業界初となるDJIの産業用ドローンの取り扱いを開始。2月10日(土)より、DJI公式ショップ「DJI SHOPビックカメラ有楽町店」にて販売する。

産業用ドローン「Matrice200」

産業用ドローンは、一般用ドローンと比べ、高い耐久性能をもつほか、業務用途に応じてさまざまなカスタマイズやオプションの追加ができるなどの特徴を持つ。産業用ドローンの導入にあたっては、産業用ドローンの専門代理店に購入希望者が直接相談、見積りを経て購入するのが一般的だった。

今回、取り扱いを開始する「DJI SHOPビックカメラ有楽町店」では、実際に商品を確認したり、FLIGHTSによる産業用ドローンの販売に関する研修を受けたビッグカメラの専門販売員が、最適なカスタマイズやオプションの提案を行うほか、その場で見積り金額も提示される。

開始されるサービスは、DJI製 産業用ドローン本体として点検、検査、捜索救援活動向け「Matrice200シリーズ」、映像製作向け「Matrice600シリーズ」の販売、産業用ドローンの部品やオプションパーツの販売。さらにアフターサポートの提供も開始予定としている。

関連リンク

関連記事