一部機能はオーナーでなくとも利用可能

ソニー、aiboと遊んだりカスタマイズしたりできる専用アプリを提供開始

編集部:押野 由宇
2018年01月09日
ソニーは、自律型エンタテインメントロボット「aibo」のスマートフォンおよびパソコン用アプリケーション「My aibo」の提供を、本日1月9日より開始した。オフィシャルサイトおよびGoogle Play、App Storeからダウンロードができる。

アプリ「My aibo」

My aiboは、aiboの本体設定やオーナー情報へのアクセスなど、オーナーをサポートする機能を備えたアプリ。aiboの発表時点で告知されていたものが、正式にリリースされたかたち(関連ニュース)。

撮影した写真を閲覧できる「aiboフォト」や、アプリ上のaiboと触れ合える、aiboと「あそぶ」などの機能が使用できる。また、aibo本体を所有していなくても一部機能が利用可能となっている。

基本設定では、aiboの名前や音量を設定したり、性格や、今の状態(通信状態、バッテリー残量)を確認できる。二体以上のaiboを所有している場合も、それぞれのaiboに切り替えながら管理が可能。また、基本操作を学べるチュートリアルを通じてaiboとの触れ合い方のヒントを見ることができる。

鳴きごえの音量など基本設定が行える

aiboの瞳の色や鳴きごえを変更できるカスタマイズもアプリ上から操作可能。また、スマートフォン用アプリでは画面上に表示されているaiboにタッチしたり、ピンクボール・アイボーンをフリックしてコミュニケーションを取るなど「あそぶ」こともできるようになっている。

アプリ上のaiboと「あそぶ」ことも可能

aiboフォトの機能では、aiboが撮影した写真を閲覧・保存し、その写真をSNSなどに共有することができる。また、aiboのファンページにアクセスして、aiboのオーナーが参加できるイベント情報を確認したり、壁紙データをダウンロードすることが可能。なお、本日よりLINEスタンプの配信も開始されている。

aiboのLINEスタンプも発売開始(120円)

対応するスマートフォンOSはAndroid 4.4以上、iOS 9.0以上。対応パソコンOS(ブラウザ)はWindows 7 (Internet Explorer 11/Chrome)、Windows 8.1 (Internet Explorer 11/Chrome)、Windows 10 (Internet Explorer 11/Chrome/Edge)、macOS 10.10以降(Safari 10以降/Chrome)となる。