MovieNEXの今後の展開とは − ディズニー イン・ホーム コンベンション開催

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2014年03月13日
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは本日、「ディズニー イン・ホーム コンベンション」を開催した。

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンのゼネラルマネージャー 塚越隆行氏が登壇。3月14日に公開される「アナと雪の女王」を紹介した。


ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 塚越隆行ゼネラルマネージャー
「世界中で大ヒットしている『アナと雪の女王』、全世界興行成績は1,000億円を突破している。日本での成績次第では、これまで歴代1位だった『トイ・ストーリー3』を超えるのでは。ストーリー、音楽、映像、キャラクター…どれをとっても、世界中の人たちを魅了したのが分かると思う。製作総指揮をつとめたジョン・ラセターが『20年に一度の作品』と称しているのもうなずける」と、作品の素晴らしさをアピールした。

さらに塚越氏は、“作品至上主義”をコンセプトにしているという。「最も大切にしなければいけないのが作品。全てはそこから始まる。作品を、いかに多くの人に楽しんでもらえるような環境を作るかが我々の仕事だ。どんな風にしたら魅力を伝えられるか?言葉や方法を徹底的に考え抜いていこう、と日頃話している」と語る。

「ソフトは当初レンタルが中心で、その後セルが出てきた。フォーマットもVHSからDVD、ブルーレイなど選択肢が増えてきている。そのなかで、消費者も自分の生活に合わせたものを選んでいるが、その規模を拡大していく方向で、できることがまだあるのではと思う。ディーラーの人たちと協力して、さらにもうひとまわり市場を拡大できればと考えている」と締めくくった。

また、マーケティング部シニアマネージャーの小澤啓一氏が、「MovieNEX」のローンチ後の反応などを説明した。


ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 小澤啓一氏
「MovieNEX」はBDとDVD、スマホなどで見られるデジタルコピーの視聴権、特典コンテンツ利用権などがひとつのパッケージになったもの。小澤氏によれば、同社サイトで行ったアンケートの結果85%ものユーザーがMovieNEXに「満足している」と答えたという。特にデジタルコピーは利便性が、MovieNEXワールドは色々な特典コンテンツを楽しめるお得感が高く評価されているとのことだ。


MovieNEXのユーザー満足度は非常に高いことを訴求
「たとえば『モンスターズ・ユニバーシティ』の場合。過去最高の登録数を実現し、多くの方にMovieNEXを利用してもらうことができた。そしてMovieNEXワールドでコンセプトアートをダウンロードできるコンテンツを用意したところ、予想を上回る反響をいただいた。これを受けて翌月も引き続きコンセプトアートや塗り絵、カレンダーなどを用意した。このように、ユーザーとコミュニケーションして進化できるのがMovieNEXの魅力だ」(小澤氏)

デジタルコピーは外出先でも手軽に見られる利便性が、MovieNEXワールドは盛り沢山のコンテンツが楽しめるお得感が評価されているという


MovieNEXワールドで人気が高かったコンセプトアートのダウンロード(第5位)を継続して実施したところ、非常に反応がよかったとのこと

今後はMovieNEXの魅力を更にアピールするとともに、劇場との双方向クロスマーケティングでユーザー拡大を図っていくという
また今後は劇場とのクロスマーケティングも予定。「プレーンズ2」(7月19日公開)の公開日に向けて、「プレーンズ」のMovieNEXワールドを使い割引券や試写会招待などが当たる企画を実施する予定だという。

今後もMovieNEXコンテンツの新作は拡充していくとのこと。「メリー・ポピンズ」と「ウォルト・ディズニーの約束」(3月21日公開)などのほか、マーベル作品も対応タイトルを展開していくという。

「我々にとってMovieNEXは、より広く、長く、多角的に作品を楽しんでもらえる戦略的な商品」と語る小澤氏。今後の展開に注目したい。

関連記事