オリジナルグッズがもらえるミニカードも配布

ボーズ、JR秋葉原駅に「QuietComfort 15」体験ブースを期間限定オープン

Phile-web編集部
2009年12月03日
ボーズ(株)は、ノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort 15」の効果や音質を体験できるブースをJR秋葉原駅構内に12月7日よりオープンする。

QuietComfort 15

ブースのイメージ

場所はJR秋葉原駅1Fのコンコース内で、期間は12月7日(月)から13日(日)までの全7日間。12時から20時までオープンしている。

「QuietComfort 15」はノイズキャンセリングヘッドホンに定評のある同社が新たに送り出す、“NC効果を飛躍的に向上させたモデル”。“音楽を良い音質で楽しめること”、“使い心地”、そして“ノイズキャンセリング(以下NC)効果の高さ”を特長に掲げている製品。内側と外側両方に集音マイクを設置し、騒音の検知力をアップ。独自の回路がそれぞれのマイクと連動し個別に機能することで、これまでよりも正確なNCを実現している。【岩井喬氏によるレビューはこちら

期間中QC15を試聴すると、全国30店舗のボーズ直営店でオリジナルグッズと交換できるミニカードがもらえるという特典も(交換期限は2010年1月17日まで)。ぜひ足を運んでみていただきたい。

【問い合わせ先】
ボーズ・インフォメーションセンター
TEL/0120-039-780

関連リンク

関連記事