HOME > ニュース > Amazonブラックフライデーは「サウンドバー」が“買い”!ボーズ/JBLの人気モデルをチェック

Amazonセール情報

Amazonブラックフライデーは「サウンドバー」が“買い”!ボーズ/JBLの人気モデルをチェック

2022/11/28 ファイルウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
Amazonのビッグセール「ブラックフライデー」が開催中だ。今年は11月25日から12月1日までの7日間にわたり、数え切れないほどの商品がお買い得価格で販売される。



そのなかから、注目度の高い商品としてサウンドバー2モデルを紹介したい。まず1モデルめは、ボーズのワイヤレスサウンドバー「Solo Soundbar Series II」だ。セール価格として、通常より30%(9,900円)オフの23,100円になっている。



ボーズのサウンドバーのなかではコンパクトなモデルだが、フルレンジドライバーを2つ搭載し、Dolby Digitalにも対応。同社ならではのクリアなサウンド、そして豊かな低音をアピールする。さらにBASSを強化する機能も備えており、テレビの音をパワーアップすることができる。

本体の高さはわずか7cm、テレビとも付属ケーブル1本で接続できるため、限られたスペースでも設置しやすいことも魅力の1台だ。

そしてもう1モデルが、JBL「BAR 5.0 MultiBeam」だ。ブラックフライデー価格として25,000円で販売されているが、直販サイト価格が通常44,000円、現在はセールで38,500円となっているので、Amazonがかなりのお買い得といえる。



独自の「MultiBeam」技術で “音のビーム” を壁に反射させ、広大なサウンドステージを実現。さらに、ドルビーアトモスの「バーチャルハイト」で高さ方向の空間表現を追加するという「ハイブリッド式サラウンドサウンド」が、包み込むような音空間を生み出すというモデルだ。

JBLスピーカーは映画館に導入されているが、 “音の良い映画館” として知られる「イオンシネマ幕張新都心」をレファレンスとした試聴レビューにおいても、「別格の空間再現能力を有しており、音の明瞭感と粒立ちの良さはイオンシネマ幕張新都心8番スクリーンでの体験に共通する」と評価されている。

両モデルとも、値引率が大きく、かなりのお買い得品となっている。いま買っておけば、これからの特番シーズンにも間に合うし、長期休暇はずっと映像作品の世界にどっぷり入り込むこともできるだろう。ぜひチェックしてみてほしい。

なお、お得といえばもう1つ、Amazonブラックフライデーを最大限楽しむためのポイントである「ギフトカードチャージ」も紹介しておきたい。実はうまく活用すればポイント還元が倍になるダブルキャンペーンが行われているのだ。

まずは5,000円以上のチャージで0.5%ポイント還元が行われるというもの。12月1日までの期間に、キャンペーンページのエントリーボタンを押すことで参加できる。



続いて、プライム会員がクレジットカードで5,000円以上チャージすることで0.5%のポイントが還元されるというもの。こちらはクーポンコードを注文確定前に入力すればよく、12月31日23:59で実施中だ。



この2つのキャンペーンは同時利用できる。つまりプライム会員になって、クレジットカードでチャージすることで、0.5%+0.5%の計1%ポイント還元を受けることができるわけだ。少しの手間で得られるバックが結構大きいので、ぜひ活用しよう。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック