HOME > ニュース > 分かりづらかったAirPodsの設定、iOS 16では簡単にアクセスできるように【Gadget Gate】

専用メニューからまとめて設定

分かりづらかったAirPodsの設定、iOS 16では簡単にアクセスできるように【Gadget Gate】

2022/06/07 Kiyoshi Tane
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
次期「iOS 16」および「iPadOS 16」では、AirPodsやBeatsブランド製品など、アップル純正ワイヤレスイヤホンの設定がしやすくなったと伝えられている。本日未明の世界開発者会議(WWDC 2022)基調講演の直後に、開発者向けに配信されたiOS 16ベータ1から明らかになったことだ。

iOS 16のロゴ(Image:Apple/YouTube)

米MacRumorsによると、iOS 16ではAirPodsやBeatsヘッドホンを接続すると、設定アプリ内に新しい項目が追加され、より簡単に管理できるようになったという。

iOS 15以前ではAirPodsなどを設定するために、設定アプリから「Bluetooth」の項目を開き、ペアリングした機器リスト内にあるAirPodsを探し、その横にある「i」をタップする必要があった。深い階層に隠れており、そもそもAirPodsがBluetooth機器の1つだと考えていない人にとっては、非常に見つけにくかったはずだ。

iOS 16とiPadOS 16では、AirPodsをiPhone/iPadにペアリングすると、設定アプリの一番上にAirPods設定メニューが表示されるようになり、迷うことがなくなったようだ。

また対応機種では、AirPods設定アプリ内に空間オーディオの操作(これまではコントロールセンターを開く必要があった)や、「探す」アプリで表示するオプションも直接表示されるようになったとのことだ。

これまでは、なぜアップル純正アクセサリーのはずが「Bluetooth機器の1つ」としての扱いを……? と不思議な感もあったが、ようやく相応しい扱いを受けるようになったといえそうだ。

Source: MacRumors



※テック/ガジェット系メディア「Gadget Gate」を近日中にローンチ予定です。本稿は、そのプレバージョンの記事として掲載しています。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック