HOME > ニュース > NHK、4月からテレビ向けにもネット配信「NHKプラス」提供。スマホより高画質で

配信番組拡大や利用手続き簡易化も

NHK、4月からテレビ向けにもネット配信「NHKプラス」提供。スマホより高画質で

2022/03/04 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
NHKは、ネット配信「NHKプラス」のサービス拡充を発表。現在はスマートフォンとPC向け限定での配信にしているところをテレビ向けにも解禁することなどを明かした。

テレビ向けでの配信利用イメージ

サービス拡充内容は4項目。テレビ向け配信の開始、同時配信時間帯の拡大、利用開始手続きの簡易化、地域向け放送番組の配信の拡充だ。

■テレビ向けは見逃し配信のみ。スマホ向けより高画質で配信

テレビ向けには専用アプリを4月1日に提供開始。ただし、テレビ向けには同時配信は行わず、見逃し配信のみの提供となる。

テレビ向け配信の画面イメージ

初期はAndroid TVおよびFire OS搭載テレビや同OS搭載端末にアプリを提供。対応端末は順次拡大し、動作確認がとれた機種はNHK公式サイトにて告知するという。

また、テレビの大画面に対応させるため、スマホ/PC向けよりも高画質で配信。スマホ/PC向けには最大1.5Mbpsで配信しているが、テレビ向けには最大6Mbpsでの配信を行う。

そのほか、2倍速から0.75倍速まで、段階的にスピードを変えることもできるとのこと。また、ドラマやエンターテインメントなど番組ジャンルごとのプレイリストも用意するという。

なお、4月から6月の間は、動作検証を目的に、ベータ版の“試行アプリ”を提供。ログイン不要・ID登録案内メッセージなしにて番組を視聴できるようにする。期間中は特設サイトを起ち上げて意見を募集する予定。

■同時配信対象を「地上波すべての番組、すべての時間帯」に拡大

同時配信時間帯の拡大については、原則、地上波のすべての番組を対象に、すべての放送時間で同時配信を提供するように変更。

現在、総合テレビは午前5時から24時まで、1日19時間程度同時配信となっているが、4月1日からは、深夜時間帯も含め、24時間同時配信を行う。また、Eテレは、深夜の放送休止時間を除き、1日19時間程度の同時配信となる。

■「仮登録」制度設置/「確認コード」制度は廃止

利用開始手続きの簡素化では、まず夏以降「仮登録」を新たに設置。現在NHKプラスを利用するためには、ログインに必要なID・メールアドレス・パスワードに加え、住所・氏名など放送受信契約の締結を確認するための情報を登録する必要がある。「仮登録」では、IDを兼ねたメールアドレスとパスワードを登録すれば、すぐに各機能を利用できるようにする。なお、仮登録の有効期限は1ヶ月。

これに先立ち、3月末で「確認コード」制度を廃止。

現在、NHKプラスの登録を完了するためには、ID登録申請ののち、NHK側が放送受信契約があることを確認した上で、「確認コード」を記載したハガキを送付、それをもとに利用者が入力するという手続きが必要。この確認コードを廃止し、4月からはNHK側で放送受信契約があることを確認できた時点で登録完了とする。これにより、NHKプラスの利用申込み手続きは、すべてインターネット上で行えるようになる。

■地方放送局のニュースも配信対象を拡充

そして、地域向け放送番組の配信の拡充では、放送と同時配信する地域放送局を増やす。現在、午後6時台については、南関東エリアの同時配信・見逃し番組配信に加えて、大阪・名古屋・福岡の各拠点放送局のニュースを、それぞれ見逃し番組配信している。これを、4月4日から、札幌・仙台・広島・松山も加え、すべての拠点放送局の午後6時台のニュースを番組配信する。これにより、住んでいる地域やふるさとの最新のニュースを視聴できるようになる。

なお、NHKプラスのID登録数は現在232万件とのこと。NHK前田会長は「1年に100万件程度のペースで増えてはいるが、やはり使い勝手を良くしないと登録数は伸びない。今回のいろいろな改善策がどのくらい効いてくるかを見たい」と語り、NHK担当者も「今後も皆さまのご意見・ご要望をしっかりと受け止め、コンテンツの充実や利便性の向上など、できることから、サービスを改善していきたいと考えている」とコメントしている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック