HOME > ニュース > 「ポタ研2022冬」の中止が決定。延期開催もなし

「春のヘッドフォン祭2022」は開催前提で準備

「ポタ研2022冬」の中止が決定。延期開催もなし

2022/01/21 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
フジヤエービックは、イベント「ポタ研2022冬」の開催を中止することを発表した。

ポタ研2022冬が開催中止に

本イベントについては、「ポタ研2020冬」以来、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いリアルイベントは中止を余儀なくされてきたが、日本での新型コロナウイルス感染症が一旦沈静化の様相を見せ、各種イベント開催要件の緩和が実施されたことから、2021年12月28日に「市中の状況が悪化しない限り」2022年2月5日(土)に中野サンプラザにて開催すると告知されていた。

しかし、2022年1月に入って新型コロナ感染「第6波」が急激に全国に拡がり、東京都やその他の自治体においても「まん延防止等重点措置」の再適用が決定。ポタ研2022冬の開催に際しては、東京都における令和4年1月11日以降のイベントの開催制限要項である、「令和4年1月7日付けの国の事務連絡『基本的対処方針に基づくイベントの開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について』」において示された事項をクリアするレベルでの開催を予定していたが、「現在の状況で数百名が集まる屋内展示イベントを開催することは、感染拡大防止の見地からも適当ではないと判断」したとしている。

本イベントは延期開催も行わない予定。今回の参加予定の各社が公開を予定していた諸情報に関しては、各社と協議の上で別途改めて発表するという。

同社は「関係者の皆様やイベント開催をお待ちしていた皆様には、ご迷惑をお掛け致しますが事情をお察し頂き、何卒ご理解を賜りますようお願い致します」とコメントしている。

なお、同じく昨年末に開催を告知したオーディオイベント「春のヘッドフォン祭2022」については、今のところ2022年4月29日(金)の開催を前提に準備を進めており、「その頃には第6波流行が収束し、安全にイベントが開催できることを祈念致します」として、中止のアナウンスはされていない。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック