Qiワイヤレス充電にも対応

TANCHJIM、aptX Adaptive対応の完全ワイヤレスイヤホン「ECHO」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年12月15日
合同会社地球世界は、TANCHJIM(タンジジム)ブランドより、aptX Adaptive対応の完全ワイヤレスイヤホン「ECHO」を12月17日(金)に発売する。価格はオープンだが、税込17,500円前後での販売が想定される。

「ECHO」

SoCにQualcomm製「QCC3040」を採用し、高音質コーデックaptX Adaptiveに対応した完全ワイヤレスイヤホン。低商品電力、低遅延を実現するほか、前世代機よりも優れた干渉防止機能により、再生中や通話中の音の途切れを軽減する高い接続安定性を備える。

筐体デザインは人間工学に基づいた設計を採用し、キャビティの形状に合わせて三角型アンテナを配置。これによりすべての方向に信号を送信でき、障害物の干渉を受けにくく、安定したBluetooth接続を実現するとしている。

ドライバーユニットは、10mmベリリウムメッキドームにフレキシブルサスペンションリングを加えたダイナミックドライバーを採用。DSPや、FEA有限要素シミュレーションといったオーディオ処理のテクノロジーを応用することで、力強く、バランスの取れた原音に忠実な高品質な音質を提供すると同社はアピールしている。

SoCにQualcomm製「QCC3040」を採用する

ビームフォーミングマイクを内蔵し、高解像度な送話を実現。加えてENCノイズキャンセリング機能により、通話時の音声の明瞭度を効果的に向上させられるという。

本体は耳殻と耳珠の角度を利用して装着できることで、安定性と快適性を向上させたとするほか、外耳道が小さい女性ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズしたというシリコン素材の小型イヤーピースも同梱する。

イヤホン単体での再生時間は6時間、充電ケースを併用した場合約48時間の再生が可能。また、充電ケースへの給電はUSB-Cによる有線方式に加えて、Qiワイヤレス充電にも対応する。

Bluetoothのバージョンは5.2で、コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX Adaptiveをサポート。再生周波数帯域は20Hz - 20kHz、インピーダンスは32Ω。

関連リンク

関連記事