最大出力55WのClass-Dアンプを搭載

Astell&Kern、LDAC/aptX HDに対応するBluetoothスピーカー「ACRO BE100」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年11月26日
アユートは、同社が取り扱うAstell&Kernブランドから32bit Hi-Fi DACとClass-Dアンプを搭載するBluetoothラウドスピーカー「ACRO BE100」を12月18日より発売する。価格は49,980円(税込)。カラーバリエーションとしてブラックとホワイトの2色を用意する。

「ACRO BE100」ブラック

ハイレゾ相当のデータ量を伝送できるコーデックLDAC/aptX HDに対応するBluetoothスピーカー。4インチ・ケブラーウーファー1基、1.5インチシルクドーム・トゥイーター2基による2ウェイ3スピーカー構成を採用する。

搭載スピーカーは最大出力55W、各周波数帯域を独立して制御するClass-Dアンプにて駆動。アンプ部は独自の設計技術を応用したとしており、異なる周波数帯域の混ざり合いを防ぎながら、クリアなサウンドを実現するデジタルクロスオーバーの採用や、最大出力時のスピーカーユニットを保護するDRC(ダイナミック・レンジ・コントロール)といった機能も備え、最大音量時でも安定した音質を保証するとアピール。これらの組み合わせにより「アーティストが意図した原音に近いクリアなサウンド」を実現するという。

「ACRO BE100」ホワイト

各スピーカーユニットはステレオサウンドを実現するために理想的なポジションに配置。また、スピーカーユニットだけでは出せない超低音域のパフォーマンス向上を図るため、リアポートを最適なサイズ感で設置するほか、木製キャビネット内部に吸音材を使用し、空間を完全に密閉することで共振を抑制するといった設計が施されているとのこと。

DAC部については、32bit Hi-Fi DAC(ES9010K2M)を別回路とともに採用。Bluetoothチップに内蔵されているDACのみを使用した製品と比較して非常に優れた音質を実現したとしており、「アナログサウンドの本格的なディテールを損なうことなく、ワンランク上のリアルHi-Fiサウンドを提供する」と謳う。

本機のブロック図

また伝送信号内のジッターを最小限に抑制する為、Bluetoothチップセットには50psのクロックを搭載。チップセットに組み込まれたDACとの併用で驚異的に正確なサウンドを実現したと説明している。

筐体デザインは、メタル、ウッド、プレミアムPUレザーからなる異素材をシームレスに組み込み、ブランドのデザインコンセプトである「光と影」のアイデンティティーを表現。一点で接するフロントエッジグリルは、光が反射する部分や影が横たわる部分に大きさの異なる領域を設けており、見る角度やスピーカーの位置によって影の落ち方が異なるユニークなデザインになっていると同社はアピールしている。

ブランドのデザインコンセプトである「光と影」を表現する筐体デザイン

デザインの核とするフォームファクターと上部のボリュームノブは、アルミニウムにローレット加工を施し、洗練された素材感を際立たせるとともに、優しいタッチでレベルごとに正確な音量の微調整を行えるなど、操作感にも配慮した設計となっている。

発光するボリュームコントロール下部はインジケーターとしても機能し、モードやボリュームレベルごとに異なる色で点滅。スピーカーの状態を容易に把握し、直感的に操作することが可能だとしている。また、筐体前面部には、デバイスのモードやステータスに応じて、さまざまなテキストが表示されるLEDディスプレイを備える。その他、TrebleとBassの独立したコントロールを使って、自分の好みに合ったサウンドを各6段階調整、カスタマイズすることができる。

ボリュームノブ下部は発光し、直感的な操作をサポートする

BluetoothはVer5.0に対応し、コーデックはLDAC/aptX HD/SBC/AACをサポート。Bluetooth接続だけでなく、3.5mmステレオミニピンジャックによる外部機器との接続にも対応する。

周波数特性は50Hz - 20KHz、最大音圧レベルは94dB SPL@1m、電源入力は19V/3.43A。外形寸法は約261W×約164H×約171Dmm、質量は約3.2kg。付属品として電源アダプター、アダプタープラグ(US&JP/CN/EU/UK/KR)、クイックスタートガイドを同梱する。

関連リンク

関連記事