360 RAの新曲も続々

Amazon Musicの「空間オーディオ」も既存ヘッドホンで再生可能に。アップルと真っ向勝負

  • Twitter
  • FaceBook
PHILE WEB編集部
2021年10月19日
Amazonは、同社が展開する音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」において、既存ヘッドホンでも「空間オーディオ」が楽しめるようになったとアナウンスした。

同社は2019年、いち早く空間オーディオをサービスに取り入れたが、正式に対応している機器は同社のEchoやソニーの対応スピーカーなど一部に限られていた。これを一気に広げる格好だ。なおApple Musicの空間オーディオは、自社製イヤホンやヘッドホンでベストな体験が得られるが、他社製のイヤホン・ヘッドホンでも効果が得られると説明している。

今回のサービス増強による追加料金の必要はない。なおAmazon Music Unlimitedは、2022年1月10日まで、3ヶ月無料で利用できるキャンペーンが実施されている。



Amazon Musicの副社長であるスティーブ・ブーム氏は、「私たちは常に、可能な限り最高な品質のオーディオがストリーミングオーディオの標準であるべきと考えてきました。だからこそ今日、特別な機器を必要とせず、アップグレードの必要もない空間オーディオを提供開始しました」とコメントしている。

Amazon Music Unlimitedの空間オーディオは、360 Reality Audioとドルビーアトモスの両方で提供されている。なおApple Musicの空間オーディオは、今のところドルビーアトモスのみとなっている。

Amazon Musicのユーザーは、レミ・ウルフのデビューアルバム『Juno』、FINNEASの新アルバム『Optimist』など、全く新しいアルバムを空間オーディオで再生できる。また本日より、アリシア・キーズの全カタログを360 Reality Audioで再生できるなど、対応楽曲を徐々に増やしている。

今回のAmazonの対応によって、同じ楽曲について、Apple Musicのドルビーアトモス版とAmazon Musicの360 Reality Audio版を聴き比べる、といったことも容易になった。

関連記事