「自動クロスフェード」も

「Apple Music」Android向けアプリが空間オーディオやロスレスオーディオ対応

  • Twitter
  • FaceBook
PHILE WEB編集部
2021年07月23日
アップルは、Android向け「Apple Music」アプリをアップデート。新たに空間オーディオとロスレスオーディオに対応させた。

空間オーディオ対応では、ドルビーアトモスによる数千以上のイマーシブサウンド楽曲を、AirPodsなどの対応デバイスで再生可能になる。

またロスレスオーディオにも対応し、従来のAACに比べ高音質な楽曲再生が行える。

そのほか、曲から曲への移行をシームレスにつなげる「自動クロスフェード」も搭載した。またライブラリの検索機能も強化し、インライン検索で好みの楽曲を簡単に検索することが可能になった。


関連記事