6/21から

Amazonプライムデーは昨年より「商品数も在庫も豊富」。渡辺直美、ドリカム中村正人も期待

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:川田菜月
2021年06月09日
Amazonは、6月21日から2日間開催するプライム会員向けのビッグセール「プライムデー」に先駆けて、本日メディア向けにオンライン記者発表会を開催した。

プライム会員向けのビッグセール「プライムデー」が6/21・6/22に開催

プライムデーは “年に一度のプライム会員大感謝祭” として、Amazonのプライム会員に向けて開催されるビッグセール。家電やインテリアをはじめ、あらゆるカテゴリから様々な商品がセール対象となり、日本では厳選された数十万点の商品がラインナップされる。

プライムデーの対象商品の一部


プライムデーでは「特選タイムセール」「数量限定タイムセール」が実施され、「特選タイムセール」ではカスタマーレビューの星4つ以上の人気商品やトップブランドの商品を中心に “在庫豊富に” 提供、「数量限定タイムセール」では大人気商品を数量限定の特価で販売する。

「特選タイムセール」「数量限定タイムセール」で数十万点の人気商品がお買い得に

現在タイムセール対象製品の一部が公開されており、アップル「AirPods Pro」や「Echo Show 5」、「Kindle Paperwhite」など人気商品の登場が予告されている。また6月21日0時のセールスタートから、期間中は新たなセール対象商品が続々と追加されていくとのことだ。

Amazonポイントがもらえる「スタンプラリー」「ポイントアップキャンペーン」を今年も実施。「スタンプラリー」では対象となるAmazonサービスを利用するともらえるスタンプを集めると10人に1人に抽選で最大5万ポイントを、「ポイントアップキャンペーン」では期間中10,000円以上の買い物をしたユーザーを対象に最大1万ポイントの還元が行われる。いずれも事前登録必須なため、プライムデー当日までに登録しておきたい。

Amazonポイントがもらえるキャンペーンも同時開催

記者発表では冒頭に、アマゾンジャパン合同会社プライム・マーケティング事業統括本部 事業統括本部長の鈴木浩司氏が挨拶に登壇。プライムデーの取り組みについて説明した。

アマゾンジャパン合同会社の鈴木浩司氏がプライムデーの詳細を説明

今年のプライムデーは、初開催となるサウジアラビア含めた世界19ヵ国で同時に行われるとのこと。昨年実施時にも多くのユーザーが参加し、大幅な割引やキャンペーンによって、ユーザー全体の購入金額は通常よりも「約100億円ほどの節約ができた」という。

今年のプライムデーの商品ラインナップについては「昨年よりも多くの商品を用意している。また在庫も豊富に確保した。それらの商品を “驚きの価格” で提供します」と力強く語った。

プライム会員には現在世界で2億人以上が登録。日本においても「非常に多くの方に会員になっていただいている」とし、「登録から30日間の無料体験も用意しており、プライムデーはこの無料体験期間中でも参加できる。まだの方は是非登録を検討してもらえたら」とアピールした。

数多くの特典が受けられるプライム会員。現在世界で2億人以上が登録している

Amazonでは顧客ファーストを念頭に、創業当初から豊富な品揃え、お買い得な価格、利便性を追求しており、「プライムデーは最もよく表す取り組みの一つ」だという。そしてその実現のためには、商品を提供する販売事業者とのパートナーシップが重要だとし、販売事業者支援を強化する機会でもあると説明する。

2020年には世界で180億ドルの支援を行なっており、支援の一環として、中小規模の販売事業者を応援するキャンペーンを実施。プライムデーにおいて世界で9億円以上を売り上げ、参加した事業者のうち約2割が2019年と比較して売り上げ2倍以上に飛躍したとのこと。販売個数も約800万個と過去最大となったという。

今年も支援キャンペーンを実施。6月20日23:59までに対象商品を1,000円以上購入すると、1,000円オフクーポンがメールで配布される。本クーポンは6月21日と22日のプライムデーにて利用可能で、プライムデー当日は自動適用される。

今年も支援キャンペーンを実施。1,000円分クーポンがもらえる

キャンペーンに参加する販売事業者は、昨年比で2倍に増加した。これについて鈴木氏は「コロナウイルスの影響が表れている。多くの販売事業者が様々な努力や工夫をしている」とし、「今後も支援を継続し、ビジネス成長の機会を一緒に作っていきたい。イノベーションを続けていく」と語った。

キャンペーン参加の販売事業者は昨年比で2倍に

特別ゲストに、プライムデーの特別ムービーに出演した、お笑い芸人の渡辺直美さんが登場。現在ニューヨークを拠点に活動しており、リモートで出演した。

ニューヨークからリモートで参加した

渡辺直美さんはすでにプライム会員で、「毎日のようにチェックするくらい大好き!クチコミもたくさんあって参考になるし、プライムビデオもいつも視聴している」と、Amazonでの買い物やサービスを日頃から楽しんでいるという。

過去にもプライムデーで買い物した経験があり、「今年もその日のために買いたいものを我慢してリストを作っている」とし、「ニューヨーク生活を始めてからまだドライヤーを購入できていないので、お気に入りのドライヤーをプライムデーで買いたい」と意気込みをみせた。

渡辺直美さん主演の特別ムービーは、本日からAmazonのYouTubeチャンネルや各種SNSアカウントで順次公開される。動画について「私の日常が散りばめられた映像。普段も商品が届いたときは踊るので、毎回箱を開ける喜びや、来た!というワクワク感が表現できた」とコメント。本動画のメイキングやインタビューも順次公開予定という。

渡辺直美さん主演の特別ムービーが公開

鈴木氏は渡辺直美さん起用の理由として、「まず日本にいる頃からAmazonを活用してもらっていて、過去のキャンペーンでも一緒に仕事させてもらったこと。また春から夢を追ってグローバルに活動していることに共鳴したこと。そして、明るくポップでキュートな、渡辺さんの素晴らしいキャラクターと、夢を追いかける姿勢がぴったりだと思った」と説明した。

さらに、Amazonはプライム会員向けサービスのプライムビデオにて、7月7日からDREAMS COME TRUEの最新ライブを独占配信する。記者発表にはDREAMS COME TRUEの中村正人さんが登場し、アマゾンジャパン合同会社Prime Video Japan事業本部長のアーリーロバート氏と対談した。

DREAMS COME TRUEの中村正人さんが登場

中村正人さんも普段からAmazonユーザーとのことで、「今日到着したパッケージを持ってきました」と購入品を紹介。本やCDをよく購入するとのことで、「会員になってからもう20年くらい。毎日オーダーしている」と愛用っぷりを語った。

今日届いたという購入品を紹介してくれた

7月7日の独占配信について、「昨年ライブ映像をAmazonで配信したらとても好評だった」ことが決めてになったとし、「Amazonのワイドレンジなプラットフォームを、音楽を伝える手段として活用できることは、とてもありがたい」とコメント。多言語配信についても「世界に向けて配信できることは非常に嬉しい」とした。


見所については「普段目の前のお客様と対峙するライブツアーとは異なり、配信に特化したスペシャルな映像であること。まさに “アマゾン” のようなセットを組んでもらって、リクエストの多かったグレイテスト・ヒッツのセットリストをアコースティックアレンジにしている。ぜひ楽しんでもらいたい」と語った。またAmazon限定で、2020年に行なったオンラインツアーの様子を収録したBD/DVDも販売される予定で、新曲もAmazon Musicで配信予定だという。

日本のアーティストの映像作品をグローバルで独占配信するのは今回が初。アーリーロバート氏は今後について「Amazonは常に顧客を起点に考えて行動している。今後もアーティストとのコラボレーションなどは積極的に取り組んでいきたい。アーティストの方にもAmazonのプラットフォームの強みを活用してもらいたい」とコメントした。

関連記事