AirPodsなどで再生可能

Apple Musicの「空間オーディオ」楽曲、本日から提供開始

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:風間雄介
2021年06月08日
アップルは、Apple Musicで「空間オーディオ」楽曲の提供開始を本日から開始する。従来は「6月から」と案内していた。

ドルビーアトモスを使った空間オーディオを、Apple Musicで配信する。アリアナ・グランデ、ザ・ウィークエンド、J・バルヴィン、ケイシー・マスグレイヴスなど、「最も人気のあるアーティストの楽曲から提供開始する」という。

空間オーディオで提供開始されるアルバム

空間オーディオは、以前からアップルが進めていたイマーシブサラウンド技術。iPhoneやiPad、Macの内蔵スピーカー、そしてAirPods Pro/AirPods Maxなどが対応している。

空間オーディオ+ドルビーアトモスに対応する楽曲は、6月にローンチする時点で「数千曲」と発表されていた。

記事執筆時点(2021年6月8日午後0時)で、米国など海外では、すでに空間オーディオの楽曲が提供されている。また、ロスレス楽曲やハイレゾ楽曲の配信も開始されている。日本においても、iPhoneの使用言語を英語にすることで、これらの楽曲であることを示すアイコンが表示される。ただし使用言語を日本語に戻すと、これも記事執筆時点では、空間オーディオやロスレス楽曲が聴けなくなる。

なおApple Musicの価格は据え置かれ、月額980円(通常プランの場合)のままとなる。


関連記事