「TWS-520」をベースに開発

JPRiDE、約3500円のエントリー完全ワイヤレス「TWS-335」。コンパクト設計で装着感追求

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年06月04日
エムピートレーディングは、JPRiDEブランドの完全ワイヤレスイヤホン「TWS-335」を、本日6月4日より発売する。価格はオープンだが、税込3,500円前後での実売が予想される。

「TWS-335」

同社「TWS-520」をベースとし、パフォーマンスをそのままに徹底的にコストパフォーマンスを追求したエントリーモデルと位置づける製品。小さな筐体設計を採用することで、装着による痛みや疲労感を覚えにくい快適な装着感を実現したという。

7mm径ダイナミック型ドライバーを搭載しており、「存在感はありながらも他の帯域をスポイルしない量感ある低音と、エッジのあるドライな中高音の絶妙なバランス」を意識したチューニングを施したとのことで、幅広いジャンルの音楽や動画などソースを選ぶことなく楽しめるサウンドを提供するとしている。

コンパクト設計で快適な装着感を実現

周囲の電波状況や左右のイヤホンの電池残量などの仕様状況に応じて、左右のイヤホンが自動で親機に切り替わる “マスター・スレーブ動的スイッチ機能” の搭載や、左右いずれもイヤホン片側で使用可能となっているほか、テレワークなどでの使用を想定した通話用ノイズキャンセリング機能の実装といった高いユーザビリティを備えている。

また、タッチコントロールにより音楽の再生/停止、接続先の機器に搭載された音声ガイダンスの起動に対応するほか、ケースを開けるだけでペアリングを開始する自動ペアリング機能を搭載する。

IPX5等級の防水性能を備え、最大連続再生時間はイヤホン単体で5時間、充電ケース併用で20時間。Bluetoothは5.0で、コーデックはAAC/SBCに対応。プロファイルはHFP / HSP / A2DP / AVRCPをサポートする。

外形寸法は18W×23H×12Dmm、質量は約4.5g。付属品として、イヤーピース、充電用ケーブル(USB Type-C to A)取扱説明書、操作ガイドを備える。

関連記事