PCのウェブブラウザのみ対応

最大100人でAmazon Prime Videoを同時視聴、新機能「ウォッチパーティ」登場

PHILE WEB編集部
2020年10月26日
Amazonは、Amazon Prime Videoのコンテンツをウェブブラウザ上で最大100人まで同時に視聴できる機能「ウォッチパーティ」を、日本で開始している。

同時にコンテンツを視聴しながらチャットして、リアルタイムで感想をやりとりしたりできる。プライム会員向けの機能で、プライム会員であれば追加料金は不要。

使い方は、PCのブラウザからPrime Videoにアクセスすると、番組のエピソードページに「ウォッチパーティ」のリンクが表示される。リンクをクリックし、名前を入力すると表示されるURLを、他のPrime Videoユーザーと共有。これによって、他のユーザーと同時視聴したり、チャットしながらコンテンツを楽しんだりできる。

視聴しながら友達を招待することが可能になる

なお、ダウンロードしたコンテンツやPrime Video Channel、レンタル・購入したコンテンツは「ウォッチパーティ」では視聴できない。また本機能は、デスクトップ用のウェブブラウザから利用でき、Fire TVやテレビ、ゲーム機、メディアストリーミング端末、スマートフォン、タブレットなどは現在のところサポートしていない。

関連記事