数量限定販売

オヤイデ、プロ向けNEOブランドのUSB-Cケーブル「d+USB Type-C to C classB」

編集部:押野 由宇
2020年05月22日
オヤイデ電気のプロブランド「NEO」から、USB Type-Cケーブル「d+USB Type-C to C classB」が数量限定販売される。価格は1.0mモデルが4,500円、2.0mが5,500円(ともに税抜)。販売はオヤイデ電気直売店、およびオンラインショップのみで行われる。

「d+USB Type-C to C classB」

DJやDTMユーザーからオーディオインターフェースとType-C変換をせずにダイレクトに接続したい、という声が挙がっていることを受けて登場したという、 “d+シリーズ” のケーブル。

すべてのd+シリーズ同様の徹底した品質管理のもとで生産。挿抜耐久性、屈曲耐久性、荷重耐久性という実使用状況下テストのほか、特性インピーダンステストであるTDR(時間領域反射)試験、高低差80℃以上の高低温環境下におけるケーブルの状態および電気特性試験、80%以上の湿度下や紫外線照射テストを経て、すべての試験をパスしたものだけが製品化されている。

また、給電ケーブルにType-Cケーブルを採用しているものにおいて、本ケーブルを用いることで出音の向上についても期待できるとしている。

導体は高純度銀メッキOFC、導体サイズは23AWG/30AWG。絶縁体にはポリプロピレン/ポリエチレンを採用。シールドは90%編組+アルミマイラーで、外装にはPVCを用いる。コネクター仕上げは24K金メッキコーティング銅合金。

関連記事