スタジアムの席からドリンク購入/タッチでタクシー配車など

ソニーやJR東など4社、NFCを使ったチケット購入システムの技術検証を実施

編集部:小澤麻実
2019年12月09日
東日本旅客鉄道(JR東日本)、アクアビットスパイラルズ、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(ソニー)、大日本印刷(DNP)は共同で、NFCタグの活用に向けた技術検証を行うことで合意したと発表した。

NFC(Near Field Communication)は通信距離10cm程度の近距離無線通信技術。スマホ等にもチップが搭載されている。QRコードと異なり、撮影による複製ができないなどのセキュリティ的なメリットがあるとしている。

今回の技術検証で想定されている利用スタイル

今回の技術検証では、NFCタグにスマホをタッチするだけでチケットの確認/支払いなどができるという利用シーンを想定。スタジアムの席からドリンクを購入したり、タクシーを配車してレストランへ移動したり、レストランのテーブルで注文や会計を行う…という利用スタイルが挙げられている。

四社は近距離無線通信技術「NFC」を使い、タッチするだけで様々なサービスを利用できるよう、交通領域へのNFCサービスの拡大や決済のユーザビリティ向上に向けて積極的に取り組んでいくとしている。

関連リンク

関連記事