音声は3.5mmステレオ端子から入力

クリエイティブ、USBバスパワーで動作する2.1chスピーカー「Pebble Plus」。約3,700円

編集部:平山洸太
2019年03月27日
クリエイティブメディアは、USBバスパワーで動作する2.1chスピーカー「Creative Pebble Plus」を4月上旬に発売する。価格はオープンで、直販サイトでの販売価格は3,680円(税抜)となっている。

Creative Pebble Plus

球状のサテライトスピーカーと、コンパクトなサブウーファーを備えた2.1chスピーカー。サテライトスピーカーには2インチのドライバーを採用、音がダイレクトに伝わるように45度の上向きで設置されている。またサブウーファーには、ダウンファイアリング方式の4インチドライバーを搭載。バスレフポートも備え、同社の姉妹機「Pebble」に比べてより深みのある低音を実現したとする。

USBバスパワーで動作するため、ノートPC・デスクトップPCに接続するだけで電力を供給することができる。またハイパワーモードを備えており、市販のUSB電源アダプター(5V/2A)を用いることで、総合8W RMSの出力にも対応。音声は3.5mmステレオ端子から入力する。

外形寸法は、サテライトスピーカーが約116W×122H×115Dmmで、サブウーファーが約150W×195H×202Dmm。また質量はサテライトスピーカーが約0.34kg(右)/約0.3kg(左)で、サブウーファーが約1.05kg。

再生周波数帯域は50Hz-20kHzで、SN比は75dB。そして出力は最大でサテライトスピーカーが各2W、サブウーファーが4Wとなる。右スピーカーには電源・ボリュームコントロール、電源LED、ゲイン切り替えスイッチを搭載する。

関連記事