独自メッシュ機能で効率的なネットワークを構築

バッファロー、メッシュネットワーク製品の新ブランド「AirStation connect」。専用中継機など発売

編集部:平山洸太
2018年08月06日
バッファローは、家庭用Wi-Fi製品の新ブランド「AirStation connect」を発表。メッシュネットワーク対応の専用中継機「WEM-1266」を発売した。価格は12,000円(税抜)。親機はすでに発売済みのWi-Fiルーター「WTR-M2133HP」で、ファームウェアの適用により対応する。また親機1台と中継機2台のスターターセットを47,800円(税抜)で用意している。

「WTR-M2133HP」(写真左)「WEM-1266」(写真右)

「connect」は同社のメッシュネットワークの対応ブランド。メッシュネットワークとは、親機と専用の中継機が互いに通信しあうことで、メッシュ状にネットワークを構築し、広い家や複雑な家においても全体にWi-Fiのネットワークを構築できる技術。

メッシュネットワークのイメージ

同社では、特許出願済みの「独自メッシュ機能」を用いることにより、より効率的なネットワークを構築出来るとしている。また、測定した通信経路のパターンをもとに、家のすみずみまで届けられる最適なバンド幅を自動選択するアルゴリズムを開発し、中継先でも速度の低下を最小限にし離れた部屋でも高画質な動画ストリーミング再生を楽しめるとのこと。

1-3Fでの速度の計測結果

親機のWTR-M2133HPは、すでに同社より発売済みのWi-Fiルーター。8月2日より提供されたファームウェア(バージョン2.80)を適用することにより、WEM-1266との接続に対応する。

中継機のWEM-1266は、増設をすることによりさらに通信エリアを広げることが可能。イーサネットコンバーターにも対応し、テレビやレコーダーなどの有線機器を無線化できる。

デザインは「暮らしと馴染む」をテーマに、リビングやダイニングなど設置環境として最適な見通しの良い場所に設置できるよう、インテリアとして飾れるデザインを目指した。

iOSとAndroidで専用アプリの「connect」が用意され、設定だけでなく稼働状況や通信状態の確認が可能。また、最適な置き場所をアシストする機能も搭載している。

主な仕様は以下の通り。

■WTR-M2133HP
伝送方式:CCK、DSSS、OFDM、MIMO
準拠規格(最大転送速度):IEEE802.11 ac(866Mbps)/n(400Mbps)/a(54Mbps)/g(54Mbps)/b(11Mbps)
セキュリティー:WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(TKIP/AES mixed)、WEP(128/64bit)、any接続拒否、プライバシーセパレーター、MACアクセス制限(64台まで)
アンテナ:内蔵5GHz(W52/W53)×2、内蔵2.4GHz×2、外付け5GHz(W56)×2
インターフェース:LANポート 最大1000Mbps×3、INTERNETポート最大1000Mbps×1、USB3.0 TypeA×1
最大消費電力:18.2W
外形寸法:231W×231H×70Dmm(アンテナ及び突起部除く)
質量:約970g
付属品:スタンド、LANケーブル(2m)、ACアダプター、取扱説明書、保証書

■WEM-1266
伝送方式:CCK、DSSS、OFDM、MIMO
準拠規格(最大転送速度):IEEE802.11 ac(866Mbps)/n(400Mbps)/a(54Mbps)/g(54Mbps)/b(11Mbps)
セキュリティー:WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(AES/TKIP)、WEP(128/64bit)、any接続拒否、プラーバシーモード、MACアクセス制限
アンテナ:内蔵5GHz×2、内蔵2.4GHz×2
インターフェース:LANポート 最大1000Mbps×1
最大消費電力:12.4W
外形寸法:130W×126H×73Dmm(突起部除く)
質量:約200g
付属品:ACアダプター、取扱説明書、保証書