4-6月の利用動向調査結果を発表

TVer、ワールドカップ効果などで1,300万ダウンロード突破。MAUも過去最高に

編集部:小野佳希
2018年07月12日
在京民放キー局5社によるテレビ見逃し配信サービス「TVer」は2018年4-6月期のユーザー利用状況を発表。アプリは1,300万ダウンロードを突破し、5月の動画再生数が4,626万回で過去最高を記録したことなどを発表した。


4月にテレビスポットキャンペーンやデジタル媒体での広告展開を行ったこと、6月にサッカーワールドカップのハイライト動画および生中継配信を行ったことでアプリのダウンロード数が急増したとのこと。

5月の月間動画再生数は過去最高の4,626万回を記録。4-6月期の月間平均再生数(※ワールドカップの配信による LIVE・VOD の再生数は除く)は4,237万回となり、1-3月期平均比127%と大きく伸長した。3月に関西テレビが加わり参加局が9社に増え、各局の人気番組のキャッチアップ配信だけでなく、配信オリジナル作品やアーカイブ番組の配信も好調だったことで再生数が増加したという。

また、6月にはMAU(Monthly Active Users/月間アクティブユーザー数)が609万と過去最高を記録。4-6月期の平均MAUも566万と、1-3月期比で123%の伸長となった。

サービス認知率の調査も行っており、6月時点での「TVer」の認知率は、53.0%となり、3月の前回調査から3.6ポイント増加。すべての年齢や性別の全体層では初めて50%を超えた。中でも女性層の認知が高く、F1層は3月の調査から6.4ポイント増加し58.0%、女性Teen層では60.2%となった。

動画投稿サイトと比較しての意見としては、「見たい番組が多い」50.8%、「画質がきれい」52.6%、「再生がスムーズだ」47.8%などの回答が上位になった。動画投稿サイトの結果に大きく差をつけたとしている。

また、「無料だから CMが流れてもよい」という意見が、TVerを含む公式無料番組配信サービスでは64.4%となり、動画投稿サイト平均の50.7%を13.7ポイント上回り、「ユーザーのCMに対する許容度が高いことがわかった」とレポート。

加えて、公式無料番組配信サービスは、「見たい番組なのでCMが流れても見てしまう」が55.7%、「CMを自然に見ることができる」が36.5%で、いずれも動画投稿サイト平均よりも高い結果となったという。

関連リンク

関連記事