2時間半単位

1人から貸切できる“レンタル映画館”「心斎橋アバック座」、6月30日オープン

編集部:押野 由宇
2018年06月22日
アバックは、本格的レンタルシアタールームの大阪2店舗目となる「心斎橋アバック座」を、6月30日(土)にオープンする。場所は大阪市中央区 グランパセーラ2F。

映画館にも匹敵する本格的な映画・ライブ映像観賞用シアタールームを、2時間半単位で貸し切ることができるというサービス。

「アバック座」が心斎橋にオープン

利用料金はルームごとに設定されており、定員最大2名/画面サイズ110インチの「ルーム1」および「ルーム3」は平日2時間30分で3,000円、土日祝が4,500円。定員最大1名/画面サイズ80インチの「ルーム2」は平日2時間30分で2,500円、土日祝が3,500円。定員最大4名/画面サイズ140インチの「ルーム4」は平日2時間30分で5,000円、土日祝が7,000円。VIP会員はすべて1,000円引きで利用できる(価格はすべて税込)。

映画館と同様のサウンド(音響透過型)スクリーンを採用しており、裏側にスピーカーを配置することで映像と音声が完全に重なるよう設計。映像機材には3D再生にも対応した家庭用の4Kプロジェクターを採用し、400,000:1のコントラストにより、明るいシーンから暗いシーンまで鮮明に描き分けるとしている。

内部イメージ

またスピーカーはスクリーンの裏側に3本、壁面に8本、天井面に4本の合計15本に、ウーファー6本という構成で、スピーカーが座席を取り囲むように設置。サラウンドフォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」にも対応している。

最大15本のスピーカーを設置

座席には幅広の電動リクライニングシートを採用。映画鑑賞における「座り疲れ」を気にすること無く、ゆったりとくつろぎながら作品を楽しめるとする。また、快適な映画鑑賞ができるよう、ルーム4では前後の座席に段差が設けられている。

電動リクライニングシートを採用

コンテンツは持ち込みが可能。映画やライブ、スポーツ観戦など様々な用途で利用することができる。

ホームオートメーション化されたシステムで簡単操作を実現

【心斎橋アバック座の詳細】
オープン日:2018年6月30日(土)
所在地:大阪府大阪市中央区久太郎町1-5-10 グランパセーラ2F
電話:06-6267-6877(2018年6月30日より開通)
営業時間:10:00〜20:00
定休日:毎週月曜・火曜日
部屋数:4部屋(ルーム1〜4)
利用人数:最大4名(部屋によって異なる)

<利用料金>
○ルーム1 (定員最大2名) 画面サイズ110インチ
(10:00〜12:30/13:00〜15:30/16:00〜18:30)
平日(1室料金) /2時間30分 ¥3,000(税込) ※VIP会員は¥2,000(税込)
土日祝(1室料金)/2時間30分 ¥4,500(税込) ※VIP会員は¥3,500(税込)

○ルーム2 (定員最大1名) 画面サイズ80インチ
(10:30〜13:00/13:30〜16:00/16:30〜19:00)
平日(1室料金) /2時間30分 ¥2,500(税込) ※VIP会員は¥1,500(税込)
土日祝(1室料金)/2時間30分 ¥3,500(税込) ※VIP会員は¥2,500(税込)

○ルーム3  (定員最大2名) 画面サイズ110インチ
(11:00〜13:30/14:00〜16:30/17:00〜19:30)
平日(1室料金) /2時間30分 ¥3,000(税込) ※VIP会員は¥2,000(税込)
土日祝(1室料金)/2時間30分 ¥4,500(税込) ※VIP会員は¥3,500(税込)

○ルーム4  (定員最大4名) 画面サイズ140インチ
(11:30〜14:00/14:30〜17:00/17:30〜20:00)
平日(1室料金) /2時間30分 ¥5,000(税込) ※VIP会員は¥4,000(税込)
土日祝(1室料金)/2時間30分 ¥7,000(税込) ※VIP会員は¥6,000(税込)

関連記事