『ひるなかの流星』『信長協奏曲NOBUNAGA CONCERTO』など

Amazon Prime Videoにフジテレビの新作映画が追加決定。独占配信も予定

編集部:押野 由宇
2018年04月25日
Amazonは、株式会社フジテレビジョン製作の新作映画を、日本のAmazon Prime Videoのオンデマンド配信作品ラインナップに追加していくことを本日4月25日に発表した。

これまでにもPrime Videoではフジテレビ製作の2015年以前の映画が提供されてきたが、今後追加される映画作品には独占配信となるものも含まれ、Amazonプライム会員はこれらの作品を追加料金なしで視聴可能となる。

第1弾として、初恋ドラマの王道として人気を博した『ひるなかの流星』がPrime Videoで独占配信されるほか、石井あゆみ原作の漫画に基づいた映画『信長協奏曲NOBUNAGA CONCERTO』とアニメ放送25周年を記念して制作された『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』もPrime Video配信作品ラインナップに加わった。

『ひるなかの流星』

『信長協奏曲NOBUNAGA CONCERTO』

ほか『エイプリルフールズ』が5月18日より、『海よりもまだ深く』が6月22日より追加される。また、今後は2015年以降に劇場公開された一部の新作映画も、Prime Videoにて視聴可能となる予定。

『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』

今回の発表について、Prime Videoコンテンツ事業本部長 ジャパンの児玉隆志氏は「今回、日本のドラマや映画製作を牽引してきたと言っても過言ではない株式会社フジテレビジョン様が製作された人気のより多くの映画作品を日本のプライム会員様にご提供できることを大変嬉しく思っています。今後もPrime Videoのコンテンツの品揃えをさらに豊富にし、日本の視聴者の皆様のご期待に応えられる作品を揃えてまいりたいと思っております」とコメント。

また、株式会社フジテレビジョン編成局映画事業センター室長・桑田靖氏は「今回、Amazon Prime Videoといういつでも、どこでも好きな作品を視聴できるというサービスに私たちの映画作品をご提供できるという大きな機会をいただけ、とても嬉しく思います。これをきっかけに新たな視聴者の皆様に、劇場の感動をご家庭でも味わっていただけることを楽しみにしています」と述べている。

Amazon Prime Videoは、Amazonプライム会員(年会費3,900円)向けに提供されている動画配信サービス。追加料金なしで、提供されている独自作品を含む動画コンテンツが見放題となる。

関連リンク

関連記事