HOME > ニュース > ドコモ、サッカーのゴールシーンなど自動抽出するAI技術「スポーツ動画センシング」開発。トライアル開始

フットサル施設で

ドコモ、サッカーのゴールシーンなど自動抽出するAI技術「スポーツ動画センシング」開発。トライアル開始

2018/02/01 編集部:川田菜月
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
NTTドコモは、スポーツ競技を録画した映像からサッカーにおけるシュートやゴールシーンなどを自動抽出するAI技術「スポーツ動画センシング」を開発。2月1日から、本技術と複数台のカメラで自動録画を行う法人向け技術「マルチアングル自動録画システム」を連携させたトライアルを、サッカードットコム(株)と共同で実施する。


本トライアルは、サッカードットコムが管理するフットサル施設「FUTSALPOINT両国インドア Fコート」にマルチアングル自動録画システムを導入して実施される。設置される7台のカメラによる複数アングルの映像をフルハイビジョン(1,920×1,080解像度)で自動録画し、プレーヤーが録画された映像をタブレット端末などから視聴できるようになる。映像から好きなカメラアングルや時間も選択可能。

視聴イメージ

今回開発されたAI技術「スポーツ動画センシング」では、録画したスポーツ競技映像を元にプレーヤーやボールなどの動きを自動で検知してAIによりタグ付け、シュートやゴールシーンを自動で抽出することで頭出し再生が可能になる。また3月以降にはプレーヤーの追尾機能や、20分程度の試合映像を元にしたシュート・ゴールシーン集の自動作成も提供予定とのこと。

AI技術「スポーツ動画センシング」で自動でシュートやゴールシーンなどを抽出

トライアル期間は本日2月1日から4月30日まで。期間中は、これらの技術環境を実際にコート利用時に使用可能で、チーム内でのプレー確認や戦術ポイントの共有やサッカースクールなどでのコーチング補助ツールとしての使用を想定しており、プレーヤーやスタッフの方々が手軽にプレー映像を振り返ることができる新たなスポーツ体験を提供するとしている。

■期間:2018年2月1日(木) - 2018年4月30日(月)
■場所:FUTSAL POINT 両国 インドアFコート(〒130-0025 東京都墨田区千歳1-5-17)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック