HDCP2.2対応

ラトック、4台の機器を切り替え可能な4K(60Hz/4:4:4/24bit)対応HDMIセレクター

編集部:押野 由宇
2017年10月17日
ラトックシステムは、4K60Hz、HDCP2.2に対応したHDMIセレクター「RP-HDSW41-4K」を、本日10月17日よりラトックプレミア各店およびラトックダイレクトで発売する。価格はオープンだが、直販サイト価格は6,980円(税・送料込)。

「RP-HDSW41-4K」

RP-HDSW41-4は、4K2K(最大4,096×2,160)、60Hz映像の入出力が可能なHDMIセレクター。HDMI機器を4台接続し、切り替えてテレビやディスプレイなどに出力が可能。4K出力に対応しており、テレビ側に4K対応のHDMI入力が1ポートあれば、本製品に接続した機器すべての4K映像をそのまま映すことができる。

HDCP2.2に対応し、4K放送や4K UHD BD映像など、著作権保護されたコンテンツも本製品経由で再生することが可能。

HDMI機器の切り替えは、本体上部の切替ボタンのほか、同梱のリモコンからも可能。ほか、HDMI機器の電源が入ると自動的に選択ポートを切り替える自動切替機能を採用する。外形寸法は約75W×20H129Dmm、質量は約105g。

関連記事