ファームウェアアップデートにて対応

オンキヨー/パイオニア、DTS Play-Fi対応製品の「Amazon Alexa Connected Speaker API」サポートを開始

編集部:川田菜月
2017年09月01日
オンキヨーグループは、オンキヨーおよびパイオニアブランドのDTS Play-Fi対応製品において、Amazon Alexa Connected Speaker APIのサポートを開始すると発表した。

AVレシーバーやサウンドバー、スピーカーなど、同社が現在発売している、また今後発売されるDTS Play-Fi対応製品において、Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」や、同社のAmazon Alexa対応スマートスピーカー「P3/F4」(関連ニュースIFA2017発表記事)などを介した音声操作が可能となる。

Amazon Alexa対応スマートスピーカー「F4」

同社は8月2日からAV機器用ファームウェアにおいて、DTS Play-Fiに対応するための無償アップデートを順次実施している(関連ニュース)。Connected Speaker APIサポートについても、2017年度第4四半期よりファームウェアアップデートで対応するとのこと。

本発表について、オンキヨー(株)取締役CTO・奥田伸明氏は「今回のConnected Speaker APIとDTS Play-Fiの融合により、Amazon Alexaで数多くのオンキヨー/パイオニアブランドのDTS Play-Fi対応製品をコントロールできるようになります。当社ブランドのお客様は最も包括的なマルチルームストリーミング技術と音声制御エコシステムにより家中の対応製品がシームレスに繋がるスマートライフを楽しむことができます」とコメントしている。

関連記事