4K/120Hzにも対応、48Gケーブルも

<CES>「HDMI 2.1」発表。8K/60HzやダイナミックHDR、「eARC」にゲームモードなど新機能多数

編集部:風間雄介
2017年01月05日
HDMIフォーラムは、HDMI規格の最新バージョンとなるHDMI 2.1を発表した。新規格はすべてのHDMI2.0採用企業に提供され、2017年第2四半期初めに予定しているリリースに合わせて告知が行われる。


HDMI 2.1では、より高い解像度とより速いリフレッシュレートをサポート。8K/60Hzや4K/120Hzに対応する。


またダイナミックHDRもサポート。動画のシーンごと、フレームごとに、ビット深度や明るさ、コントラスト、色域などを確実かつ最適に表示することができる。


48Gbpsまでの伝送に対応する48Gケーブルも規定。8KのHDR動画を非圧縮で送ることができる規格で、これまでのバージョンとの後方互換性も備え、既存のHDMI機器で使用できる。



また音声とコントロール関連機能では、「eARC」に対応。オブジェクトベースオーディオなど最新のオーディオフォーマットをサポートし、デバイスの自動認識など、最新のオーディオ信号コントロールを可能にする。

ゲームモード「VRR」もサポート。VRRの可変リフレッシュレートにより、3Dグラフィックプロセッサーがレンダリングした画像を素早く表示することを可能にし、ゲームプレイをスムーズに行える。またラグやスタッター、ティアリングを低減したり、無くすことができるという。

関連記事