HOME > ニュース > 『インデペンデンス・デイ』BD-BOXが“吹替の帝王”に登場。日曜洋画劇場版の吹替も収録

続編の予告編も収録

『インデペンデンス・デイ』BD-BOXが“吹替の帝王”に登場。日曜洋画劇場版の吹替も収録

2016/03/22 編集部:小澤貴信
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
20世紀フォックスホームエンターテインメントジャパンは、「吹替の帝王」シリーズの第12弾として、SFアクションの名作である『インデペンデンス・デイ』のコレクターズ・ブルーレイBOXを6月3日より発売する。価格は6,476円(税抜)。

インデペンデンス・デイ<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX<2枚組>〔初回生産限定〕 発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント(C)2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

「吹替の帝王」は、ソフト版の吹替に加えて、テレビ放送時の吹替音声も収録するシリーズ。縮刷版の吹替台本などの特典もパッケージした、同社の人気ブルーレイ・シリーズとなる。『インデペンデンス・デイ』は1996年に劇場公開され、その年の洋画No.1ヒットを記録したSF超大作。今年で製作20周年を迎え、7月9日には続編となる『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』も公開される。

今回のブルーレイBOXには、日本語吹替音声としてソフト版(ヒラー大尉役:山寺宏一、大統領役:安原義人、デイヴィッド役:大塚芳忠)に加えて、テレビ朝日「日曜洋画劇場」版(1999年10月10日放送バージョン)の日本語吹替音声(ヒラー大尉役:山寺宏一、大統領役:古川登志夫、デイヴィッド役:磯部勉)を初収録する。

ブルーレイBOXの内容

映像はニュー・デジタル・リマスターマスター版で、「劇場公開版」に約9分の追加映像を加えた「特別版本編」が初収録される。さらに続編『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の予告編特典映像も収録される。

特典には、『テレビ朝日版』と『ソフト版』の吹替台本を復刻・縮刷して封入。「吹替の帝王」シリーズの名物である山寺宏一/古川登志夫のよるインタビュー集、「激レア!コンセプトアート集(16p)」が封入される。

なお続編の『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は、第一作に引き続いてローランド・エメリッヒが監督を務める。俳優陣もジェフ・ゴールドブラム(科学者デイヴィッド役)、ビル・プルマン(元大統領役)が続投する。気になるストーリーは、エイリアンが残していったテクノロジーを利用し、一丸となって地球防衛計画を進めてきた人類の元へ、エイリアンがより高度な力をつけて戻ってくるというもの。人類滅亡の危機を回避するべく、エイリアンに立ち向かう人々の姿が描かれることになる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク